■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「明日の安心」 すっと安心できない 内閣府
京都・東山で 20日、小宮山厚生労働大臣が国民との対話集会(京都勧業館)にきてお話しになるので参加してみました。
 社会保障と税の一体改革、消費税を社会保障に限って使うと10%への引き上げの説明をされました。
 200人定員の会場はほぼ満席、90分の対話集会。30分で説明され、会場参加者からの質疑応答。質問者に大臣自身がマイクを運び、質問に立たれた方と握手をして質問を聞いておられました、
 10人余りの方が質問。質問者のほとんどの方は、大臣の説明に納得ができないようでした。



 ・医療法人経営者からは、500人の患者を訪問診療などで地域で支えているが、計画でも医師や介護職が足りないことを訴えておられました。
 ・介護職、障がい者、障がい者サポーター、看護職等々、それぞれの立場から質問や意見を述べられていましたが、大臣からのコメントは、一度にできないので一歩一歩実現の努力を積み重ねていくということばかり。

 質問者の手はたくさん上がっていたのですが、大臣は新幹線の時間が迫っていることを理由に、15時には質問を打ち切り、対話集会は終わりました。

 開催方法を改善しなければ、「明日の安心」を得られるような対話集会にはならない、税の無駄遣いに終わりそうな一日でした。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:08:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad