■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
HBs抗原量に注目を、シークエンシャル療法選択順位
3/25 滋賀県大津市でのB型肝炎医療講演会風景講師の先生の講演から HBs抗原量の評価も治療の参考にペガシス・エンテカビルのシークエンシャル療法 25日午後、大津市「ピアザ淡海」で、B型肝炎医療講演と特措法説明、医療・法律個人相談が行われました。主催はB型肝炎訴訟弁護団。
 開催案内は、こちら
 約30人の方が参加されていました。
 会場は琵琶湖のほとりに有り、地方共済組合連合会が運営する施設のようです。宿泊施設や市町村職員の研修施設、NPO・市民活動の情報発信育成施設も有りました。

■B型肝炎講演会
 講師の竹内孝幸先生は、2012年度B型肝炎治療ガイドライン(案)も示されて、35歳までの治療では、インターフェロン、シークエンシャル療法、エンテカビルの順番で治療する場合は選択がなされる。
 治療の評価では、ウイルス量だけでなくHBs抗原量(定量)も考慮する必要がある、ことなどを強調されていました。




■滋賀県のウイルス性肝炎治療費助成の説明 県庁の担当者
 資料も配付し、ウイルス検診や治療費助成件数などの実績も紹介されて説明されていました。

■B型肝炎治療・特措法 個別相談会
 ほとんどの方が残られて相談を受けられました。医療相談は8組。
 特措法の個別相談を受けられた方の中には、ラミブジン+アデホビル療法をされていて、医療費助成をご存じなく高額な薬代を毎月払い続けておられる方もいました。
 県の担当者も個別相談が終わる5時まで残られて、相談室から退出された方々の相談にも応じておられました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:01:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。