■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝臓内科受診 異常ありませんの言葉の裏は
大阪市立中央図書館前で
 17日午後、大阪市内の総合病院・肝臓内科の診察でした。2日に受けた消化器内科クリニックでのエコー検査の画像コピーを添えた診療情報提供書を受付に渡し、予約時間よりも5分早く診察室に呼ばれました。
 M先生いわく「エコー検査の結果見せていただきました。血液検査の結果もいいです。問題ありません。」とのコメントでした。
 その後、丁寧な腹部触診が行われました。
 私が、「エコーのクリニックでは、血管腫かもしれないといわれた」と告げると、M先生は「小さい高エコー画像なので時間がたつと悪性度が高まるかもしれない。要注意です。」「次の造影CTはいつですか、その後に診察を入れます。」、私は、診察日を先に決めていただくことをお願いし、7月17日と決めていただきました。
 7月初旬に放射線科クリニックで造影CTを予約することを伝え、バラクルードの90日分処方箋をいただきました。


 一通りの診察が終わるとM先生から「協力してほしいことがある」といって、青い封筒に入ったアンケート調査用紙が手渡されました。肝臓病患者さんへの支援を行う人たちの養成テキスト作成を行うための参考にしたいと説明されました。

 調査票の表紙は以下のようになっています。
 
 ~肝臓病患者さんの病態と生活に関するアンケー卜調査~ より良い毎日のために


 『病態別の患者の実態把握の為の調査』および『肝炎患者の病態に即した相談に対応できる相談員育成のための研修プログラム策定』に関する研究のための肝臓病患者の病態と生活の調査


 厚生労働省難病がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(肝炎関係研究分野)
 [病態別の患者の実態把握のための調査および肝炎患者の病態に即した相談に対応できる相談員育成のための研修プログラム策定に関する研究]班主任研究者八橋弘
お問合せ先担当者・八橋弘(国立病院機構長崎医療センター臨床研究センタ一治療研究部)
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

療養日記 | 23:01:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。