■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
山梨県の取り組み 肝炎対策 フィブロスキャンで肝がん検診促進へ
フィブロスキャン
 4/19付け山梨日日新聞が報じています。「肝がん死亡率低下へ素案  検診を促進、保健指導充実

 県は、肝炎対策の指針となる県肝炎対策推進計画(2012~16年度)の素案をまとめた。
 県内のC型肝炎の感染率、肝炎が起因となる肝がんの死亡率は全国平均を上回り、肝炎対策の充実が課題となっている。
 計画では、肝がん死亡率を全国平均まで改善することを目標に掲げ、肝炎ウイルス検診の促進や感染者に対する保健指導などの施策を盛り込んだ。
 計画は、パブリックコメントで県民の意見を反映させた上で6月中に策定する。



 計画案では、県の施策を
 (1)肝炎ウイルス検査の受診促進
 (2)要診療者に対する保健指導の充実
 (3)肝疾患診療体制の整備
-の3分野で構成。
 全県民が一度は肝炎ウイルス検査を受けることを推奨し、市町村と協力して医療圏ごとに検査の重要性を伝える講習会の開催や受診率の調査を行う。

 また、肝炎感染者の医療機関受診率(02~06年度)はC型が42・9%、B型が6・9%と低迷している。このため、受診率95%を目指し、市町村の肝がん検診に肝臓の硬度を測る機器の導入を支援。肝硬変の早期発見や肝がんのリスクを把握し、治療につなげる。

 ※肝臓の硬度を測る機器 :フィブロスキャン
  平成23年10月1日付で保険適用開始
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 07:02:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。