■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
病気とどう向き合うか
スーパームーン写真:スーパームーン 手ぶれです。
 8日、肝臓友の会で、会長や副会長と打ち合わせ。
 電話でのご相談もありました。
 
 私自身は、8年前に患った心筋梗塞の経過を診てもらうために循環器科を受診。昨年まで診ていただいていた院長先生がご家族の介護のために退職、若手のドクターの診察でした。
 私は造影CT検査を希望していたのですが、先生は心カテーテル検査をすすめられました。造影剤にアレルギーがあることと、昨年の検査でステントを入れていた先の血管につまりがあったために、続けて治療ができるカテーテル検査をということでした。即答しなかったために、私の希望を取り入れてくださり、造影CT検査をすることになりましたが、心エコーも追加することをすすめられました。


 ドクターから最近の様子を聴かれましたので、肝がんの治療後の経過観察をしていること、4月のエコー検査で引っかかり、5/14造影エコー検査や7月の腹部造影CT検査で悪い結果が出ると、その治療に移ること、ゴールデンウイークに心臓の様子を見ることをかねて、小さな山(片道30分)に登り、体調はどうも無かったことなどを伝えました。
 ドクターからは、急いで検査をする必要もなさそうなので9月に予約を入れておくと説明がありました。
 造影剤の副作用対策で副腎皮質ホルモン剤の処方箋を出していただき、かかりつけ薬局で、いただきました。30年近くおつきあいのある薬剤師さんからは、今度は心臓の検査ですかと声をかけていただきました。

■肝臓のご相談
 1)またがんがんが見つかった
 相談を受けていた方から、画像検査でいくつか肝がんが見つかったと報告を受けました。S8に10mm強の大きさ、S2にもあるようです。
 来月造影CT検査後に対応を決められるようです。再発を繰り返すために治療を受ける医療機関のことで迷っておられました。
 2)肝がん治療後の血液検査でALT値が100を越え、タンパク合成能に関する検査値が相当低く、大変からだがだるいと訴えてこられました。かかっておられる病院は患者数が多く、次回診察は今月下旬だそうです。かかりつけ医をお持ちではありませんでした。
 インターネットで近くの肝臓専門医がおられるクリニックを調べて、いくつか紹介し、相談に行かれることをおすすめしました。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:34:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。