■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
動脈血流は変わりありません
造影エコー検査の画像 14日、12時埼玉県のクリニックでカラードップラー造影エコー検査を受けました。4月2日に見つかったS5の5mmの影の確認です。
 朝から国府台まで足を伸ばしたために、遅れてしまい12時30分頃にクリニックに到着。程なくエコー室から呼ばれました。
 丹念に調べていただき、S5の影の大きさは5~6mm位あるそうです。
 まず、S5の造影エコー、看護師さんが造影剤を静注してくださり、エコー検査。
 しばらく休憩して、昨年ラジオ波焼灼療法で治療したS8の部位を診るために、看護師さんがやってきて造影剤の静注、そして造影エコー検査。
 手間のかかる検査です。
 検査が終わって10分足らずで診察室から呼ばれて、ドクターからの説明です。「おかわりありませんか」と聞かれ、「変わりありません」と答えると、ドクターは「検査の結果も変わりありません。動脈血流は増えていませんね」と。
心配していたS5も治療後のS8も動脈血流は普通でした。
 ドクターは、きちんと「大阪の肝臓内科にかかっていますか」と。私は「4月17日に受診、次は7月17日の予定です」と答えると、ドクターは「それまでに造影CT検査を受けてくださいね。」と、私は「7月の上旬に予約を入れる予定です」と答えました。
 ドクターは、「世の中、患者に厳しくなってきていますね」といってくださいました。私は「政権が変わりましたが、前の政権よりひどくなった向きもあり心配です」と答え、持参した「友の会だより」と日肝協の「肝臓のなかま」最新号の手刷りのものをお渡ししました。
 とりあえずやれやれです。写真は、S5領域の造影エコー検査(左が造影前、右が造影剤注入後)


浅草橋のホテルから スカイツリー
 14日は、台東区浅草橋で目覚めました。そのときのホテルからの画像を貼り付けます。
 検査まで時間があったので国府台病院までいってきました。
国立国際医療センター国府台病院 肝炎・免疫研究センター棟
 2007年に策定された「都道府県における肝炎検査後肝疾患診療体制に関するガイドライン」の結びで「肝炎対策の均 てん化をより一層推進する観点から、我が国の感染症医療の中核となってい る国の医療機関において肝炎対策の中核的役割を付与することについて検討すべきであると考える。」と結んでいます。
 国府台で建設されている施設がこれに当たります。患者会の代表として、当時国の検討会で主張したことが、このような形でみえるようになってうれしいです。
 これからはその事業を少しでもよい方向へ導き出す患者側の努力も必要になります。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:41:36 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-05-16 水 05:50:26 | | [編集]
Re: かかりつけ医
 かかりつけ医のことと診療回数について質問がありました。
コメントします。

 持病がたくさんあり、家族もそれぞれに持病があり、ときには
訪問診療も必要でした。それで家庭医(かかりつけ医)をもつ
ようになりました。過去に実母と同居していて脳梗塞で自宅で
介護していました。みとりも自宅と考えていたために、訪問診療
が必要でした。
 このときのドクターがそのまま私たち夫婦のかかりつけ医です。
連れあいも脳梗塞の経験もあり、私は心筋梗塞、泌尿器科疾患も
患らい、その経過観察などは、日常はかかりつけ医で行っています。

 肝臓では、B型肝炎の経過観察と肝がんの治療は、国立病院(3か
月に1回の受診)、エコー検査は、年に2回(1回は所沢、1回は
大阪市内の消化器内科クリニック)、造影CTは、泉佐野市の放射線
クリニック(年2回)となっています。
 経過観察での画像検査は国立病院では行っていません。
 かかりつけ医を含めると5箇所の医療機関で行っていただく分野
の分担をしています。

 ですから、B型肝炎での受診回数は、他の方と変わらないと思います。
 年間では、
 受診 4回(血液検査を含む)
 エコー検査 2回(造影検査を含む)
 造影CT検査 2回
となります。
 これで肝がんが発見されると、入院加療とそれに伴う検査が加わります。 
 
 私の場合、初めての肝発がん発見のきっかけは、かかりつけ医での
「特定健診」でした。かかりつけ医は、肝臓専門医と糖尿病専門医
の受診をすすめました。
 肝臓専門医では無く消化器病専門医のクリニックでエコー検査を受け、
7mmの影を見つけていただき、その3か月後に血管造影検査+塞栓療法
を受けたのが、肝がんとのおつきあいの始まりです。
2012-05-16 水 22:14:13 | URL | sin [編集]
いい感じですね
変化無しなによりですー。今後とも情報よろしくお願いいたします。
2012-05-22 火 14:40:18 | URL | Kawanishi [編集]
Re: いい感じですね
 激励ありがとうございます。
 7月の造影CT検査の結果が今から気になります。そうはいっても、そんなことばかり考えていてもストレスがたまるばかりですから。日々の生活を楽しむようにしています。
2012-05-25 金 07:28:11 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad