■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
難病センター 難病長期慢疾患対策 啓発
難病連街頭キャンペーン配布物THE BIG ISSUE No.191表紙
 17日夕方、大阪難病連に参加する患者団体が、京阪淀屋橋駅で街頭キャンペーン(啓発活動)を行いました。
 「臓器移植意思表示カード」「一人で悩まないで!NPO法人大阪難病連」リーフレットなど(写真)を配布しました。
 近くで、ホームレスの仕事づくり自立を応援する「THE BIGISSUE JAPAN」の冊子販売に従事されている方から励まされたり、勤め帰りのサラリーマンから「難病対策予算が増えてよかったね}と声かけられたり、ずいぶんと励まされた街頭宣伝でした。
 大阪肝臓友の会の会員で薬害肝炎訴訟元原告さんが2人応援してくださり、この日のキャンペーン従事者は、十数人。
 目前で、バスから下車された視力障害者の白杖が歩道を通りがかった自転車のに巻き込まれ曲がってしまい、障害者を通路から避難させるなどのハプニングもありました。


 午前、自宅で電話相談をうけました。
 50歳代C型肝炎の女性から医療機関のことで相談がありました。
 昨年、静脈瘤破裂で救急搬送され、肝硬変であることがわかったそうです。この3月にも静脈瘤の治療を受けられたとのことです。
 インターフェロン治療の可否について問われましたが、お近くの肝疾患専門医療機関を2箇所。肝硬変の管理に熱心なドクターがおられるがん診療連携拠点病院を1箇所をお伝えしました。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:18:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。