■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋の講演会の準備
浜寺公園 大阪府の委託事業、NPO大阪難病連主催の秋の「学習講演会」、肝臓友の会もお手伝いをすることになりました。
 今年、10月28日にエル大阪(府立労働会館)で開催します。肝臓友の会は、「肝硬変の療養について-薬物・食事・運動は?-」です。
 22日、講師の先生の手配をはじめました。何とかめどがつきそうです。


昨日、造影エコーを受けたクリニックで採血した結果が届けられました。
標準値から外れたのが血糖系(血糖・HbA1c)、HPT 64.9L、HBs抗原 1300 H、ウイルス量は「未検出」。
ドクターが気にしていたAFP 3.5、PIVKA-Ⅱ 18でした。

 HPT:複合因子H(ヘパプラスチンテスト) =凝固第Ⅱ、Ⅶ、Ⅹ因子の活性を総合的に定量する検査。凝固異常や肝障害の指標となり、PIVKAの影響を受けない点がトロンボテストより有用、と三菱化学メディエンスのサイトで解説されています。
 SRLの解説では:ヘパプラスチンテスト(HPT)およびトロンポテスト(TT)は,プロトロンビン時間(PT)とともに外因系および共通系凝固機序の検査に用いられる。主に肝細胞における合成能,ビタミンK欠乏状態のスクリーニング検査として行う。またHPTはTTとちがい内因性凝血阻害因子(PIVKA)の影響を受けにくいため,TTと併用すると両者の測定値の解離からPIVKAの存在が推測できる。

■浜寺公園バラ園
浜寺公園 バラ園で
 連れ合いとお昼前に行き、バラを眺めてお弁当を楽しみました。


 ??です。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 12:47:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。