■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
舞鶴からのたより「手記集」
舞鶴ウィルス性肝炎を考える会発行の「手記集」 「舞鶴ウィルス性肝炎を考える会」発行の「手記集」が届きました。会員や支援者の手記21編が収められています。
 発刊にあたってで編者は、「国の厚生行政の在りようが、人々の健康と命を奪う悲惨な実態を、広範な方たちに理解していただくため、手記の発行を思い立ちました。この重い手記は、肝炎患者の悲痛な叫びです。」と書かれています。専門医療機関の少ない舞鶴の地で、ひどい副作用が出るインターフェロン治療を受け、静脈瘤や肝がんの治療で何度も京都市内に通って治療を受ける、患者に何の落ち度もないのにC型肝炎に感染させられた、被害者の叫びが綴られています。
 編者は「手記の多くは、怒りを込めて肝炎ウイルスを告発し、肝炎との戦いを知っていただきたい、原文のままで冊子にしたものである」と記しています。
 会の皆さまの努力に敬意意を表します。

 この冊子を作成準備の段階で、京都肝炎友の会の役員さんからも相談を受け、若干のアドバイスをしておりました。
 


■大阪の患者さんからの電話相談
 大学病院で肝がんを何度も治療してもらっていたが、もう打つ手はないといわれた「戦友」二人で相談にお伺いしたい。本当に治療法はないのでしょうか。
 塞栓化学療法を受けてきた。がんワクチン療法のことを知りたい。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:41:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad