■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
44人が個別和解 B型肝炎大阪訴訟
堂島川
 8日、午後からB型肝炎大阪訴訟弁論期日でした。
 友の会の若い会員さん(大学院生)と傍聴してきました。20分前に大法廷の前につくとそこは傍聴者で長蛇の列でした。何とか傍聴席を確保することができました。
 2人の原告の意見陳述がありました。
 お一人は、60歳代の男性、肝がん患者さん。役場で財政や総務の担当のお仕事をされ、人事を担当されていたときにご自身の病気(B型肝炎・肝硬変)で職責を全うできないためにご自身の降格人事を行わざる得ない無念さを切々と訴えておられました。
 2人目は60歳代の女性、3人の息子さんにB型肝炎ウイルスを感染させてしまった自責の念をお話しになり、政府の予防接種行政に対する憤りと今後の対応について訴えられました。



 弁護団からは、井上弁護士が、政府(厚労省・法務省)の和解審査のスピードが遅く、提訴者が増えているスピードに対応できていないことを指摘し、その解決策を示すように被告側に迫りました。また判事に対しても裁判所としても対応するように求めました。
 弁論終了後、和解について40件44人の和解が成立しました。和解総数は大阪訴訟提訴者の1割にも満たない数です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:13:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad