■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
6・.28 B型肝炎訴訟 基本合意1周年集会
6・28B型肝炎訴訟和解合意1周年記念の集い 全国10地方裁判所で起こされていたB型肝炎訴訟は3年以上にわたる裁判の末、原告弁護団と私たち裁判を支援した患者や医療関係者、学生ら広い活動によって、2011年6月28日、政府との間で基本合意を締結しました。
 先行したB型肝炎訴訟1989年札幌地方裁判所で提訴され、2006(平成18年)に最高裁が集団予防接種によるB型肝炎の感染を認め、国の敗訴が確定しました。
 しかし、政府は集団予防接種によるB型肝炎への感染は原告5人の問題だとして、他のB型肝炎患者への救済策をとりませんでした。
 その後、2008年3月以降、各地で訴訟が起こされ、2011年6月和解協議で政府と原告弁護団の間で基本合意が成立、当時の菅首相が原告弁護団に対し首相官邸で謝罪しました。
 集団予防接種の際の注射器の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染した被害者の救済がはじまりました。

 しかし、厚労省の人的体制の不十分性などから和解は進まず、また、治療費助成制度等の創設や差別・偏見の解消など多くの課題は残されたままです。
 基本合意から1年を経過したこの機会に、改めてB型肝炎訴訟の歩みと意義を振り返るとともに、今後のさらなる活動の充実に向けて、基本合意1周年の集いが開催されます。

 みなさま、是非ご参加ください。

○と き 2012年6月28日 (参加無料・申し込み不要)
  開会 18時30分(18時会場) 閉会 20時30分 
○ところ   星陵会館(03-3581-5650)
  地図 http://www.seiryokai.org/kaikan.html



○アクセス 
 東京メトロ有楽町線・南北線・半蔵門線 永田町駅6番出口 徒歩3分
 東京メトロ千代田線 国会議事堂前駅5番出口 徒歩5分
 東京メトロ銀座線・丸の内線 赤坂見附駅11番出口 徒歩7分

○内容
 ・基本合意までの歩み(映像でつづる)
 ・与芝医師のお話(先行訴訟の医学証人)
 ・訴訟の現状と課題(和解遅延等の問題点)
 ・私たちの求める医療費助成・差別偏見の解消
 ・レクイエムなど(ピアノとバイオリンの演奏)
 ・各界からの挨拶・激励
 ・他
主催:全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団

■チラシはこちら ワード形式ダウンロード
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:08:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad