■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
法務・厚労省は被害者救済の人的体制を! B型肝炎訴訟
6・28B型肝炎訴訟東京行動 厚労省前6・28B型肝炎訴訟厚労省前 6月28日B型肝炎訴訟原告弁護団は、政府との基本合意から1周年を経過し、既に提訴された5000人以上の原告の個別和解が迅速に進められるように、東京で要請行動を行いました。原告は合意時点で700人でしたが1年経過し5000人を超えるまでになりました。しかし、個別和解に達したのは470人と遅々として個別原告への救済作業は進みません。
 12時から厚労省前で宣伝行動を行い、13時に担当官に要請書をわたしました。
 その後、国会議員会館で衆参両院の国会議員に手分けをして要請行動を行いました。
B型肝炎訴訟基本合意1周年記念の集い 管元総理も挨拶
 18時から国会議員会館裏の星陵会館を会場を移し、基本合意1周年のつどいが開催され、私は日肝協を代表し、連帯の挨拶を行いました。
 つどいへ挨拶にみえられたのは、細野剛、管直人、山井氏ら民主党。川田龍平氏(みんなの党)、赤松正雄氏(公明党)、高橋ちづこ氏(共産党)、福島みずほ氏(社民党)が挨拶されました。
B型肝炎訴訟基本合意1周年のつどい 与芝氏の講演
 また、先行した裁判の高等裁判所で専門家証人になられた与芝真彰氏がB型肝炎治療の基本についてお話しされました。


■B型肝炎とC型肝炎の差
  せんぽ東京高輪病院 院長 与芝真彰氏 

①B型肝炎ウイルスはDNAウイルス
  → 変異が少ないのでワクチンが作り易く、ワクチンで予防し易い 
 C型肝炎ウイルスはNAウイルス.. 
  → 変異し易いのでワクチンが作り難く、ワクチンでは予防し難い
②B型肝炎ウイルス感染は幼少時しかキャリア化しない(ゲノタイプAを除く) 
 C型肝炎ウイルス感染は何才からでもキャリア化する 
  → 恐らくC型肝炎ウイルスはB裂肝炎ウイルスに比して、宿主の免疫排除能を回避する能力に優れる.. 
③C型肝炎ウイルスは薬剤治療により排除可能
  →C型肝炎治療は薬が治療の主役 → 強力な抗ウイルス剤の開発が行われている(全て海外企業による)
④B型肝炎ウイルス排除は困難だが宿主の免疫圧力により増殖が停止する
  →B型肝炎治療は患者の免疫力が治療の主役
  ↓ 
 B型肝炎の治療は患者のB型肝炎ウイルスに対する免疫圧力を高める方法に研究開発を行うべき(治療用ワクチンなど、未成功)
  -----------------------------
B型肝炎訴訟基本合意1周年のつどい 恒久対策班報告
<恒久対策班からの報告>
B型肝炎訴訟これからの課題


第1の柱 恒久対策
l 基本目的

 ①安心して治療を受け、健康な体を取り戻すために.. 
 ②被害者であることを立証できない、多くの仲間たちを救済するために
 ③いわれなき偏見と差別を克服し、尊厳のある人生を送るために
 
2 目指すべき具体的目標
①現在は実施されていない、肝硬変・肝がん治療への医療費助成の実現
②現在実施されている、核酸アナログ製剤治療費助成の充実・助成手続の簡略化.. 
③肝炎ウイルス検査の普及・差別偏見の解消のために国民への正しい知識の周知徹底
④医療機関での差別的取扱いの解消・医学教育の改善
⑤肝炎専門医療機関ーかかりつけ医の連携を核とする日本全国での肝炎医療ネットワークの構築
⑥B型肝炎の完治を目指した画期的な治療薬・治療法の研究開発

3 目標実現のためのステージ
①肝炎対策推進協議会(第8回会議は7月23日、あらたにB肝原告団から2名選出)
②厚労大臣との継続協議 (7月11日18時に予定)
③国民的運動、マスコミ世論へのアピール

第2の柱 真相究明
1 基本目的

①40万人以上の感染被害者を生みだした未曾有の医療災害の原因究明-なぜ注射器の使い回しが止められなかったのか
②原因究明に基づく再発防止システムの創造-わが国の厚生行政の大転換

2 目的実現のためのステージ
①検証会議(第1回 5月31日 第2回 6月21日 弁護団 1名、原告団 2名選出)
②研究班(近く第1回会議)

 2つの課題をすすめていく力-私たち当事者の声と運動がどこまで広がるかにかかっています!
 ------------------------------------------

フィナーレ
B型肝炎訴訟基本合意1周年集会・集会アピール
2012 (平成24)年6月28日
全国B型肝炎訴訟原告団・全国B型肝炎訴訟弁護団

1.昨年6月28日、私たちは、3年以上にわたる裁判の末、国との間で基本合意を締結しました。これにより、集団予防接種の際の注射器の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染した被害者の救済がはじまりました。
  基本合意は、除斥期間への対応など不十分な内容も含まれるものの、基本合意を勝ち取ることができたのは、それまでの裁判内外の活動を支えてくださった関係者の方々のお力添えによるものです。改めて、基本合意締結にご尽力いただいた皆さまに御礼を申し上げます。 

2.もっとも、厚労省や法務省の人的体制が不十分であることや、国が裁判に提出を求める資料が不必要なまでに膨大かつ子細にわたるため、和解は遅々として進んでいません。全国の原告合計5,184名に対し、和解が成立したのは僅か合計470名(2012年6月27日現在)と、全原告数の1割にも達していません。私たちは、一刻も早い和解成立のため、厚労省の人的体制の強化と提出資料の合理化を求めます。

3.また、原告団及び弁護団は、今後の恒久対策として医療費助成の拡充や差別・偏見の解消等を訴えており、7月には厚労大臣協議を予定しています。
さらに、集団予防接種の注射器打ち回しが是正されなかった真相究明の検証会議もすでに2回目が関かれ、ょうやく検証作業がスタートしつつあります。
私たちは、今後の恒久対策及び真相究明作業が原告団及び弁護団の意見を十分に採り入れたものになるように求めます。

4.私たちは、今後和解の迅速化、医療費助成制度の創設や差別・偏見の解消措置などの恒久対策、真相究明作業の充実などを求めるとともに、B型肝炎訴訟の枠組みで救済されない被害者、ひいてはすべてのウイルス性肝炎患者の救済を求めて活動していくことを本集会で改めて宣言します。
以上
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:20:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad