■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
患者支援部会 就労支援策など相談業務の新しい課題に
大阪がん循環器予防センターからの眺め
 7月12日夕方、大阪府がん対策推進委員会第1回患者支援検討部会(議長:大島明部会長・成人病センター相談支援センター長)が、大阪がん循環器予防センターで開催され、傍聴しました。
 議題は、
(1)がん対策推進計画の概要について
(2)がん対策推進条例における就労支援対策について
(3)ピアサポーター養成事業について
(4)拠点病院を中心とした地域連携の強化について
(5)次期大阪府がん対策推進計画について



1)就労支援相談に関連して
 相談支援センターはどこも相談内容が治療法やその費用など医療制度上のことが多く、退院後の就労の相談までは寄せられていない現状が、がん診療拠点病院協議会相談支援部会から報告されました。 
 がん患者の就労支援については、がん診療拠点病院協議会相談支援部会運営委員会(7施設10名で構成)で、支援方法なども検討、今後、大阪府商工労働部・JOBプラザスタッフと意見交換がでいるようにして、がん患者の就労支援に関して拠点病院の相談支援センターを活用するスキームがつくられるように検討を進める。

2)ピアサポーター養成
 事務局(大阪府健康づくり課がん対策G)の報告では、ピアサポーター養成事業に関しては、厚労省が対がん協会に教材作りを依頼している段階で、いつ完成するのか、情報が得られていない。
 今後、厚労省でのこの分野の取り組みの情報を収集する。

3)拠点病院を中心とした地域連携の強化について
 事務局説明では、二次医療圏ごとに、「がん診療ネットワーク協議会」を組織し、拠点病院間の活動を調整する。

4)府のがん対策推進計画の見直しスケジュール
 7月にがん患者家族連絡会での意見交換。
 9月にがん対策推進委員会、12月までに2回目の部会を開催し、部会の意見をとりまとめる。
 事務局から、課題としては60の診療拠点病院のどこで治療を受けたらいいのか、患者や家族にわかるような支援方法の検討も必要。

 以上。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者支援・情報提供 | 23:14:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad