■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
田辺でのB型肝炎医療講演・特措法説明会 遠かった
田辺 B型肝炎医療講演・特措法説明会 田辺 B型肝炎医療講演・特措法説明会 加藤先生の講演から田辺 B型肝炎医療講演 加藤先生の講演から

 B型肝炎訴訟大阪弁護団と大阪肝臓友の会主催で開催され、お手伝いに行ってきました。
 講師は国立病院機構南和歌山医療センター 加藤道夫副院長。わかりやすく講演され、その後、多くの質問にも丁寧に答えておられました。一般参加は17組20人、それに開催者側が7人。
 私は、休憩時間に参加者の血液検査の見方等について相談を受けました。



 講演で気になったこと。

1)講演会の冒頭、B型肝炎ウイルスの キャリアは、日本の人口の約1%(130-150万人)、 既往感染(HBs抗原(-)、HBc抗体(+)、またはHBs抗体(+) は、23.2%という報告を引用して説明されていました。
既往感染の数が気になるところです。

2)抗ウイルス剤「エンテカビル」を止めるためには
 HBVDNA定量が2.1log copies/ml以下でHBs抗原量が低値になった相当期間経過すること
3)肝発がん高リスク HBVDNA定量5以上であれば高ウイルス量:抗ウイルス剤で低くする
  HBVDNA量が2.1以下でも、HBs抗原量が1000以上であれば、100以下に比べれば肝発がんリスクは5倍以上高くなる

などです。

■紀伊田辺駅周辺
JR紀伊田辺駅舎紀伊田辺駅前商店街紀伊田辺駅前商店街381系くろしおみなべ町の海 紀勢本線の車窓から


スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:44:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad