■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
日本肝炎デーキックオフミーティング、ワクチン政策意見交換会
日本肝炎デーキックオフミーティング 開会前写真 開会前
 18日午後から日本肝炎デーキックオフミーティング、ワクチン政策意見交換会に参加するために上京しました。
 
 厚労省肝炎対策普及啓発事業(知って肝炎プロジェクト)は、「知って肝炎プロジェクト」実行委員会を立ち上げ、7月18日、厚労省で肝炎啓発大使に、杉良太郎、伍代夏子夫婦など5人を任命しました。
 杉良太郎氏が知って肝炎プロジェクト実行委員長に就任されました。
 


 18時から、東京・イイノホールで開催された「『知って肝炎』キックオフミーティング」に参加しました。
 厚労省 報道発表資料
 冒頭、伍代夏子さんによる、前東京肝臓友の会事務局長天野秀夫さん(故人)の手記の一部が朗読されました。
 小宮山厚生労働大臣が登壇し挨拶、野田総理のビデオメッセージ、世界肝炎アライアンス・チャールズゴア氏からのビデオメッセージ、「知って肝炎プロジェクト」実行委員会委員長 杉良太郎さん、「知って肝炎」特別大使の伍代夏子さん、持田香織さん、「知って肝炎プロジェクト」実行委員会スペシャルサポーーターの高田万由子さん、波戸康弘さんが参加して、キックオフしました。
イベント企画内容は
1.杉良太郎さんの就任あいさつ・決意・・・やるからには、やり抜く決意が語られ自身がこれまで歩んできた活動の経験、身近な存在の伍代夏子夫人の肝炎闘病を通した「すべ ての人がウイルス検診を」「差別偏見をなくす」ことの大切さを短時間で話されました。
2.伍代夏子さんがインターフェロン治療体験談、持ち歌のスペシャルライブ。
3.キャンペーンソング「夜明け」持田香織さんの楽曲が決まり参加者の前で熱唱。
この曲は持田香織さんアルバム:本年8/1リリース「3rd Album[manu a manu」収録されています。
「夜明けは」持田さんが本キャンペーンのために書き下ろした楽曲で”命の大切さ”を音楽を通して伝える主旨で活動に参画・賛同しているものです。
4.肝炎について学ぼうのコーナーでは
 武蔵野赤十字病院副院長 泉並木先生、
 広島大学大学院医歯薬学総合研究科教授 田中 純子先生、
 スペシャルサポーター 高田万由子さん
のトークセッションが行われました。
上記キックオフから7月28日第1回日本肝炎デー記念イベントへ向け企画行事が実行されることになりました。
 7/28厚労省関係「日本肝炎デー」イベント 報道発表資料

■ワクチン政策意見交換
 虎ノ門にある米国研究製薬工業協会で、16-17時に
 出席者米国側 
○ブルース・G・ゲリン氏(医学博士、公衆衛生学修士) 保健次官補および国家ワクチンプログラムオフィス所長)
○メリンダ・ウォートン氏(医学博士、公衆衛生学修士) 米国予防接種・呼吸器疾患センター副所長
 ○米国研究製薬工業協会(PhRMA)日本代表 アイラ・ウルフ氏
 ○通訳(日本人)、その他、米国研究製薬工業協会役員など3人

 日本側
○日肝協  私、他1人
  他、3団体4人

2.配付資料
 ①米国における予防接種に関する財政的支援と政策
ワクチンファクトブック2012
③米国保健社会福祉省 2010年全米ワクチン計画 予防接種を通して国民の健康を守る

3.意見交換
 日本でのワクチン問題について、各団体からの説明を求められた
①日本では本年から7月6日が「ワクチンの日」と制定されている。今年は「希望するすべての子どもたちにワクチンを!」実行委員会が7月5日に六本木から日比谷公園まで2kmをを14団体、約100人が参加してパレードした。訴えたのは「定期接種もっと増やして」。昨年はパレードのあと厚労省を訪問、大臣宛要望書を提出した。今年は、東京都を訪問、担当課に自治体への要望を提出した。
②不活化ワクチンが今年9月から日本でも導入される。このワクチン価格が、これまで個人輸入していた価格よりも高くなる不思議なことが日本では起こっている。もっと低価格で輸入できるようにしてほしい。
③日肝協 本年5月15日に厚労大臣宛にB型肝炎ワクチンに関する要望書を提出、厚労省担当者と懇談を行った。定期接種では財政負担が市町村負担になる問題が説明されたなど、説明した。
  また、世界肝炎デーの案内チラシも配布した。
 ウイルス検診の現状と受診率の向上の必要性を説明しました。

 その後、米国のワクチン政策について、資料①、②で説明され、意見交換が行われた。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:47:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad