■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
課題多く時間が足りない 肝炎対策推進協議会
第8回肝炎対策推進協議会 23日、上京し肝炎対策推進協議会を傍聴しました。
 傍聴感想です。

■ 委員の交代
 鳥越氏はやはり辞任されました。委員就任以来7回の 協議会が行われましたが、出席は初回の1回のみ。
 肝炎対策に 興味を持たなかったのでしょうか。
 新しく患者委員に就任したのは、日肝協から
  ・大賀和男氏(日肝協常任幹事・九州肝臓友の会会長)
  ・浅倉美津子氏(薬害肝炎東京原告団)
  ・有川哲雄氏(B型肝炎訴訟原告団)
  ・清本太一氏(B型肝炎訴訟北海道原告)
 患者委員は、20人中7名を占めています。




赤坂見附駅付近 弁慶堀
■肝炎ウイルス検診
1)阿部さんから冒頭、受診率が減少している指摘は良かったです。
 が、他の委員からも事務局からもかみ合うコメントがありませんでした。
 一方、協議会会長が大都市部では、広島や石川方式は難しいと組織型検診 に否定的な発言をされた。
 氏は大阪の肝炎・肝がん対策部会の会長でもあり、大阪での肝炎ウイルス検診を検討する部会の運営する責任者。
 肝炎対策の地域での取り組みに消極的なことが23日の協議会でも 気になるところです。
 肝炎ウイルス検診の受診率向上での取り組みについて、どうするのか 具体的な方針について厚労省側からは説明がありませんでした。
2) 連合や中小企業経営者団体委員にもしっかり調査していただいて、委員として会議の場で報告していただく機会が必要。職域でのウイルス検診の促進のためにも。

■研究
 厚労科学研究(肝炎)については、3月に毎年、公開報告会が東京で行われています。
 全分野で公開報告がなされるのか点検が必要だと思いました。
 また、公開報告会では、最近患者団体からの積極的な質問も必要でしょう。

■啓発
 協議会の時間が短く、課題が多く、今回も計画が文書で示され、協議されなかった。
 ウイルス検診の受診率向上も啓発が大事。協議なされないところに問題を感じました。

■身体障害者福祉(手帳)
8割は肝臓移植者で手帳交付の実情は大賀氏の発言で明らかになりました。
 移植者の状況は、大阪では会員に5人いたが、2人が死亡しています。
 残りの方も、2人は様々な合併症が出て、社会復帰で困難な状況を克服しなければならないようです。
 厚労省に肝機能障害で手帳を交付されている人数のうち、移植者の実数を 調査してもらう必要があると感じました。

■全体を通して
肝炎対策の課題は膨大であることは、今回の配付資料を見ても明らかです。
 協議会も部会を設け、課題ごとにつめた議論が必要であると感じました。
以上です。

 なお、当日の配付資料や議事録については、厚労省の下記サイトに掲載される予定です。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000008fd9.html#shingi1
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:31:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。