■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地域連携の働き手は医学教育になじまないのか
7/29 公開講座「~がんの征圧に必要な人材の養成:予防・検診から診断・治療まで~
 29日午後、大阪大学中之島センターで開催された文部科学省がんプロフェッショナル養成講座・公開講座を聴講しました。
 がんの検診・予防から診断・治療・患者家族支援までを医師・看護師・薬剤師・検査技師・医療物理士など様々な職種の関わりを、食道がんを患った50歳代の男性(サラリーマン)をモデルに、ディスカッション(キャンサーボード)するというスタイルで示されました。
 大変参考になった公開講座でした。




 文部科学省の事業で、大阪大学を中心に、京都、奈良、和歌山、兵庫の大学病院で連携し、プロフェッショナルを養成する「がんプロフェッショナル養成プランの成果と今後の展開」を文科省喉頭教育局医学教育課長・村田善則氏の講演の締めくくりに『期待される成果や効果』として、「地域がん医療連携に貢献するがん専門医療人の養成に重点を置くコースの開設や、地域がん医療連携に特化した講座の設置等」を述べられていましたが、今回の講座で地域連携や患者家族の相談支援の中心となる「メディカルソーシャルワーカー」「臨床心理士」などの職種には触れられていなかったのが残念でなりませんでした。
 がん患者と家族を支える「地域での働き手」のマンパワーと地域連携での面を支える働き手に焦点を当てた事業展開も必要だろうと質問と意見を述べましたが、『想定外』の質問だったようで、キャンサーボードでの主治医役を務められた外科医のドクターにはご迷惑をかけてしまったかもしれません。

 24日から臨床腫瘍学会学術集会での展示物の準備から始まった様々なイベント、がんを中心にしたものですが、連日右往左往しまして、相当ばて気味です。今日から現実に引き戻されて大阪肝臓友の会の活動に追われる日々を送ることになります。
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者支援・情報提供 | 23:25:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。