■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
治療費助成 更新手続き
信太山夕景 お盆休みを利用して、市役所と保健所でB型肝炎治療薬医療費助成事業の更新手続きをしました。
 お盆のためか駐輪場も窓口もがらがらです。早く終わりました。保健所では、何も言わなければ受領書をくれませんでしたが、請求すれば申請書をコピーし受付印を押してくれました。
 B型肝炎への治療費助成ですが、抗ウイルス剤を服用している場合に適用されます。1年ごとの更新です。今回3回目の更新手続きになります。
 この制度は法律に定められたものではなく、「予算措置」で行われています。よって予算が付かなければ廃止されてしまいます。だから毎年更新手続きが必要なのか?
 C型肝炎へのインターフェロン治療費助成制度は、既存の治療法では1回限りの適用です。
 どちらも法整備が必要なのでしょうか。



 保健所にはB型肝炎訴訟特措法のパンフレットが窓口に置いてありました。しかし、フィブリノゲンなどによる薬害肝炎訴訟に関する特措法パンフレットは見当たりませんでした。こちらの方は来年1月に手続きが終了する予定です。こちらの制度も徹底した広報に取り組んでほしい。http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/fivwakai/index.html
スポンサーサイト
患者会 | 23:59:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad