■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
HBs抗原陰性でも
堺 B型肝炎講演会 講師の吉原先生
 19日午後、JR阪和線堺市駅前のサンスクウェア堺でB型肝炎医療講演と特措法説明会を開催しました。大阪肝臓友の会とB型肝炎訴訟弁護団の共催です。
 医療講演の講師は大阪労災病院副院長の吉原正治先生。先生はB型肝炎の基礎についてわかりやすくお話しいただき参加者からは好評でした。

 先生は講演の締めくくりで、HBs抗原が陰性でもHBs抗体やHBc抗体が陽性であれば、肝臓などの中にB型肝炎ウイルスがごくわずかまたは、ウイルス遺伝子が残っていて、強力な免疫抑制効果を持つ薬を治療に使ったときに、B型肝炎の増悪が起こり死に至ることがある。
 このような治療を受ける場合は、ウイルスマーカーをきちんと検査をして、対応しなければならないと強調しておられました。対象者は国民の25%にものぼるので注意が必要だと強調されていました。

産経・読売・毎日新聞の地方版で取り上げていただき、おかげさまで100人を超える参加者がありました。民主党・辻恵議員も飛び入りで参加され、訴訟しないでも被害者の救済が進むような国づくりが必要でそのために奮闘したいと挨拶されました。


 堺サンスクウェアでB型肝炎医療講演と特措法説明会を開催しました。大阪肝臓友の会とB型肝炎訴訟弁護団の共催です。講師は大阪労災病院副院長の吉原正治先生。先生はB型肝炎の基礎についてわかりやすくお話しいただき参加者からは好評でした。産経・読売・毎日新聞の地方版で取り上げていただき、おかげさまで100人を超える参加者がありました。
辻恵議員
 地元の民主党・辻恵議員も飛び入りで参加され、訴訟しないでも被害者の救済が進むような国づくりが必要でそのために奮闘したいと挨拶されました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:13:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。