■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
がん患者に寄り添う緩和ケアとは
緩和ケア勉強会チラシ
 10月7日に開催される「緩和ケア勉強会~がん患者に寄り添う緩和ケアとは」の準備打ち合わせ会が天王寺区民センターで開催され参加しました。

「緩和ケア~がん患者に寄り添う緩和ケアとは~」
○ と き 2012年10月7日(日) 14-16時
○ 会 場 (株)コラントッテ 2階 イベントホール
住所:大阪市中央区南船場2-10-26 <地図>
○ 講 師 柏木雄次郎先生
関西福祉科学大学社会福祉学部臨床心理学科教授
  ○ 主 催 大阪がん医療の向上をめざす会




 天王寺区国分町で開業されている池田クリニックの池田光慶先生もがん患者の在宅医療についてご自身の実践をフロアーからお話される予定です。

 ※参加申込・お問い合わせは大阪肝臓友の会まで。
  メールアドレス osaka△kanzo,org(△を@に置き換えて下さい。)

 本年6月に厚生労働省は「がん対策基本計画」を見直し発表しました。
 そこでは、「緩和ケア」についてがん対策の重点項目として次のように記されています。

2 がんと診断された時からの緩和ケアの推進

 がん患者とその家族が可能な限り質の高い生活を送れるよう、緩和ケアが、がんと診断された時から提供されるとともに、診断、治療、在宅医療など様々な場面で切れ目なく実施される必要がある。
しかしながら、日本では、欧米先進諸国に比べ、がん性疼痛の緩和等に用いられる医療用麻薬の消費量は少なく、がん性疼痛の緩和が十分でないと推測されること、がん医療に携わる医師の緩和ケアの重要性に対する認識もまだ十分でないこと、国民に対しても未だ緩和ケアに対する正しい理解や周知が進んでいないこと、身体的苦痛のみならず精神心理的苦痛への対応も求められていること等から、緩和ケアはまだ十分にがん医療に浸透していないと考えられる。
 このため、がん医療に携わる医療従事者への研修や緩和ケアチームなどの機能強化等により、がんと診断された時から患者とその家族が、精神心理的苦痛に対する心のケアを含めた全人的な緩和ケアを受けられるよう、緩和ケアの提供体制をより充実させ、緩和ケアへのアクセスを改善し、こうした苦痛を緩和することが必要である。
 また、がん患者が住み慣れた家庭や地域での療養や生活を選択できるよう、在宅緩和ケアを含めた在宅医療・介護を提供していくための体制の充実を図る必要がある。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:19:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad