■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ソラフェニブ 早期から、副作用を考慮、長期に
 22日午後、尼崎市立すこやかプラザで、難渋する肝がん患者と家族のための講演会を行いました。
 難渋するとは、何度も再発を繰り返し、局所療法では解決しなくなった肝がん患者さんを想定したものです。
 講師に外科医(京都大学肝胆膵・移植外科)の先生にお願いしました。
 講演のテーマは、「薬物療法の役割」。肝がんには数少ない抗がん剤(分子標的治療薬)の使用を想定したお話を期待していました。



 企画した私にとっては、期待にそうお話でした。しかし独断で設定したテーマ、予想したとおり、お客様は極端に少なかったです。世界中を飛び回って活躍されているドクターです。数日前にベルリンで行われた世界肝がんの治療に関する学会の最新データも紹介していただきましたが、もったいなかったです。
 ネクサバールの次の治療薬は当分期待できそうにないようです。副作用対策を早期から導入が必要です。角質処理、保湿軟膏、ステロイド軟膏、足の裏への加重の分配:患者に対応した靴の製作等々、さすが外科医、緩和ケアの分野にも及ぶ対応をされておられます。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 22:31:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad