■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
C型肝炎患者の遺伝子検査でインターフェロン治療の効果予測
C型肝炎患者さんのインターフェロン治療効果予測遺伝子検査 C型肝炎のインターフェロン治療の効果が出やすいかどうか、裏返せば聞きにくい患者を見つける検査が昨年9月に「先進医療」として認められています。実施可能な施設は下記の通りです。
 今年9月に共同実施施設も承認されることになりました。施設基準は11月に公表されます。

厚生労働省 先進医療を実施している医療機関の一覧(2012年9月)
 
No.52 IL28Bの遺伝子診断によるインターフェロン治療効果の予測評価
 実施施設
 愛知県 名古屋市立大学病院
 長野県 国立大学法人信州大学医学部附属病院
 福岡県 九州大学病院
 兵庫県 兵庫医科大学病院
 岡山県 岡山大学病院
 三重県 国立大学法人 三重大学医学部附属病院
 静岡県 浜松医科大学医学部附属病院
 群馬県 国立大学法人群馬大学医学部附属病院
 大阪府 大阪市立大学医学部附属病院
 千葉県 独立行政法人国立国際医療研究センター国府台病院




先進医療専門家会議  HCV治療法の効果予測検査、共同実施を承認
 9月27日、厚生労働省の先進医療専門家会議(座長=猿田享男・慶応大名誉教授)は、すでに先進医療として実施中の検査技術「IL28Bの遺伝子 型測定によるインターフェロン治療効果予測」を共同で実施する場合の施設基準などを承認した。インターフェロン・リバビリン治療効果が見込ま れるC型慢性肝疾患が適応症。
 実施するための施設基準などは11月1日に告示される見込み。 先進医療にかかる自己負担は2万2000円。
 同検査は、ペグインターフェロンα+リバビリン併用療法で根治が見込める患者群を的中率80~90%の高い確率で選別でき、同様の的中率で この併用療法が効かない人も特定できる。

 ※実施施設での解説資料から
【検査法】末梢血7ccからゲノミックDNAを抽出し、IL28B遺伝子近傍の遺伝子多型を調べる。
【説明】C型慢性肝炎に対する抗ウイルス治療は、種々の要因によって治療効果が異なることが示されている。現在の主治療であるペグインターフェロンとリバビリン併用治療では、IL28B遺伝子多型によりその治療効果が大きく異なります。マイナー多型であれば抗ウイルス効果が期待し難く、治療不適格であることが、推測されます。
【費用負担など】IL28Bの遺伝子型測定によるインターフェロン治療効果予測 の費用は、1回につき 22,600円となっています。この費用は保険給付の適用外ですので、全額が患者様のご負担となります。 (基本的には、所得税法上の医療費控除の対象になります。)
 なお、保険給付の適用が認められている他の診療費用については、加入されている保険に定める負担金が必要となります。

 あわせてC型肝炎ウイルス側の遺伝子検査「HCV コア領域・NS5A 領域のアミノ酸変異測定」すれば、より治療効果の推定に役立ちます。日本肝臓学会が今年5月に発表した「C型肝炎治療ガイドライン」(第1版)の解説図表を紹介しておきます。
日本肝臓学会「C型肝炎治療ガイドライン」から


■大阪肝臓友の会 運営委員会を開催
 2日午後、大阪肝臓友の会運営委員会が事務所で開催されました。
 10/20日に開催する第29回総会の準備(議案・役割分担)などを相談しました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療・治療薬 | 23:07:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad