■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝臓がん・肝硬変 倦怠感を和らげるも緩和ケアの対象
10/7緩和ケア勉強会緩和ケア勉強会 質疑応答緩和ケア勉強会 パソコン筆記ボランティア 大阪がん医療の向上をめざす会主催「緩和ケア勉強会~がん患者に寄り添う緩和ケアとは」勉強会でパワーポイント投影などお手伝いをしました。





<参加報告>
 講師の柏木先生は、「がんと診断された時から緩和ケアは始まる」ことを最初に強調されました。
 症例を2つ示し、心理的に患者家族に寄り添う、薬物を利用した痛みや倦怠感や嘔吐、鬱など方法についてわかりやすく報告して下さいました。会場からは在宅緩和ケアにも取り組んでおられる池田医師(天王寺区で開業)が、クリニックでの症例についても最後に紹介され、大変わかりよい勉強会になりました。
 フロアーからの肝臓癌患者さんのご家族から、倦怠感や嘔吐感を訴えるが、このような症状についても「緩和ケア」の対象になるのかという質問について、「患者さんの苦痛と言うことになる、咳を訴える患者さんもいたが、肺などへの転移していないか検査することをすすめ、咳などの症状を改善させることも緩和ケアの対象になる」と説明されていました。
 また、看護学大学院の院生が講師の先生のお話などをパソコンで筆記されている姿にも感動しました。この大学院では、教育の一環としてがん診療拠点病院に院生を継続的に派遣し、実習を兼ねた学習を積み重ねておられます。今年昨年に続いて新しい院生さんが患者会活動のサポートを複数名で行っているとのことでした。
 病院内患者会の地道な活動の積み重ねがこのような成果を生み出しています。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:43:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。