■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新薬登場まで待てるか待てないか その見極めを
12/10/20大阪肝臓友の会第29回総会記念講演
 昨日、大阪肝臓友の会第29回総会・記念講演・第1回運営委員会を開催しました。
とりあえずホッとしました。

 講演会:「進化するC型肝炎治療 - いま治療? 少し待つ? -」
 講師の平松先生は、わかりやすく説明いただきました。
 急いで治療を受けなければならない方は、60歳以上では肝炎を起こしていて線維化が少しでも進行している方=ALT値が30以上でなおかつ血小板が15万以下の方。
 何らかのインターフェロン治療で、発がんを抑止する。

 そうでない方は、主治医と相談しながら次の新薬が登場するまで待つというのがまとめでした。



 新薬TMC435とペグインターフェロン+リバビリンでの初回治療の著効率(ウイルス排除)は、70~90%。来年から再来年にかけて治療薬として使えるようになると予想されている。
 経口2剤。NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤(BMSー790052)+NS5A阻害剤(BMS-950032)併用で24週間(6か月)投与、その後6か月間フォローしたジェノタイプ1型高ウイルス量・ペグインターフェロン+リバビリン治療法の無効例(治療中にウイルス量が2log未満の低下)では21症例のうち91%の著効率が得られたと報告されました。一般患者に使えるようになるのは?との会場からの質問に対して3年くらい先になると考えているとコメントされていました。
 また経口薬PSI-7977+リバビリン併用では10例の治験ではあるが100%の著効率が得られたとの報告もされていました。

 第29回総会 議案すべてが承認されました。

【予告】来年早々に、平松先生にB型肝炎の最新治療~肝臓学会がガイドライン作成(仮題)~をご講演いただきます。
 日程や会場は未定ですが、千里中央付近で開催できるよう準備を始めます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:32:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。