■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝がん 外科治療(消化器外科)の位置づけを考える
第50回日本癌治療学会学術集会 ニュースレター
 第50回日本癌治療学会学術集会・患者支援プログラムに参加しました。
 12:00-13:00創薬と治験について日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科 原野 謙一先生が講演。15:30から、患者支援PAL meet the professor「胃がん、肺がん、血液がん」が必須プログラムで聴講。その間に午前中「放射線治療過去と未来」、午後「肝がんディベートセッション「肝切除における腹腔鏡の役割」「原発肝がんにおける治療方針 外科切除・ラジオか焼灼」、夕方からポスター展示で肝臓関係を見て回りました。そこで9月に講演いただいた波多野悦朗先生から声をかけられました。
 肝臓がんの化学療法や再発抑止について、情報を集めるのが今回の参加目的です。


 大阪大学医学部消化器外科の永野浩昭氏が「肝がんディベートセッション「原発肝がんにおける治療方針 外科切除・ラジオか焼灼」の座長をされていました。永野氏の進行と演者の発言で消化器外科の位置づけを考える機会になりました。

 また、永野氏が所属する教室に「消化器癌先進化学療法開発学」の寄付講座ができていることを知るきっかけにもありました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 07:05:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。