■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝がんの治療 新しい試みと治療実績情報の考え方
森ノ宮の珈琲館で

 第50回日本癌治療学会学術集会で発表された研究が「がんナビ」のサイトで紹介されています。
 1)凍結療法=初発肝細胞癌に対するCryoablationは有効で安全な局所治療である可能性【癌治療学会2012】

 2)塞栓療法(塞栓剤)=薬剤溶出性球状塞栓物質を用いたTACEは、リピオドールTACE不応肝細胞癌に対する新しい治療法になりうる【癌治療学会2012】




 凍結療法は、関東の大学病院など限られた施設で研究として行われているようです。
 上記学会で紹介された塞栓物質は、私の塞栓治療でも使っていただきました。私の場合は塞栓後の副作用も現在一般的に行われているジェルパート(ゼラチンスポンジ)+リピオドールよりも軽かったようです。

 「がんナビ」で「全がん協のホームページで30種類以上のがんの治療成績を公開」の記事も紹介されています。全がん協が治療成績の公開を行った本当の目的も解説されています。一般紙が報道しているような病院施設のランキングが目的でないことを!
 「がんナビ」の記事から引用します。
  -----------------------
 患者や家族がKap Webを利用した場合、表示された生存率の数字に落胆したり、振り回されたりするおそれもある。研究班では「生存率は決して余命の宣告ではない。集団を対象としたもので、過去の平均的な結果に過ぎず、個々の患者さんに単純に当てはまる数字ではない」ことを強調したうえで「治療に前向きに取り組むために、医師とがん治療について話し合う際の材料の1つとして使ってほしい」と話している。

 大阪府立成人病センターがん予防情報センターは、早くから「がん登録」を取り組んでいます。
 患者向けサイト
 大阪のがん診療拠点病院での肝癌の5年生存率がサイトで示されています。
  http://www.mc.pref.osaka.jp/ocr/gankyoten/table/1_1_3.html
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 23:26:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad