■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
B型肝炎訴訟 個別和解1416/7147
読売新聞12/12/15付
 B型肝炎訴訟、14日に大阪地裁で弁論期日があり、165人(150家族)が個別和解しました。大阪では、1,469名の提訴者で、和解成立は383名になりました。
 読売新聞の記事では厚労省の統計で、12月7日現在で全国29地裁で提訴者数は7,147人、和解数は1,416人と報じています。全員の和解にはまだまだ時間がかかりそうです。
 読売新聞の記事http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20121215-OYO1T00342.htm?from=main1


■電話相談
 電話相談もありました。B型肝炎60歳代後半肝がんの治療を受け6年目になった方で7回目の治療に入る。主治医からⅣ期といわれて愕然としている。前回(夏の画像検査で)は秋に再度検査をして治療方針を決めるとのことだった。こんなに早く進行するものなのかと訴えられました。
 放射線治療や免疫療法(がんペプチドワクチン)などを受けたいと訴えられました。がん診療連携拠点病院&肝疾患連携拠点病院で診療を受けておられましたので、外科や放射線科でのセカンドオピニオンを受けることや相談支援センターの利用をお勧めしました。
 ご本人はセカンドオピニオンのことも相談支援センターのこともご存じ有りませんでした。

 最近受けたご相談でもB型肝炎の患者さんが地方の基幹病院で画像検査はエコーのみで造影CTやMRIを受けておられませんでした。以前から気になっていたので、主治医に強くお願いするようにと伝え、最近造影MRI検査を受けると2cmの影が見つかり、大学病院での受診と検査など慌ただしい年の瀬を過ごすことになったと連絡が入りました。
 気になるのは、B・C型肝炎の患者さんがエコー検査だけで、造影CTや造影MRI検査を受けておられない方が相当数おられることです。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:02:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad