■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
師走の大学病院公開講座 教授はていねいに説明
河田先生の講演から 透析患者の肝炎は
 23日午後、大阪市立大学付属病院5階講堂で、肝胆膵内科河田教授から、B・C型肝炎の治療についてわかりやすく講演いただきました。
 写真のような講演時のパワーポイント資料も配付され、あとで復習するのに役立ちます。
 B型肝炎のトピックスとして、
 1)エンテカビルなどで治療した場合、肝硬変の患者の肝臓の硬さ(線維化)が改善され、血中のアルブミン量が増加した例
 2)ジェノタイプAが都市部で増えていること
 3)過去にB型肝炎ウイルスに感染し、臨床的に治癒(HBs抗原陰性)例での、リウマチ治療薬や抗がん剤などによる治療患者でウイルスの再活性化がみられる。
 4)テノフォビルもまもなく治療に使えるようになるが時期の明言はなかった。



 C型肝炎では、
 1)抗ウイルス剤などの治験がいくつが行われる、希望者は相談して欲しい。
 2)インターフェロンが効きやすいかどうかの遺伝子検査を「先進医療」(有料)で行っている。
 3)プロテアーゼ阻害剤など経口2剤による治療(数年先に登場)
 4)透析患者の場合、ALT、AST値が低値でも感染以下の進展がみられるので注意が必要。

 残念だったのは、師走の慌ただしい時期と寒さで、参加者が少なかったことです。でも、参加者の質問にはていねいにコメントされていました。
 河田教授は、ご要望があれば、肝胆膵内科のドクターが出前も含めて講演を行うのでその折にはご相談をとご講演の締めくくりに話されたことは印象的でした。大阪府南部での講演会を検討し、年明けにもご相談することにします。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

講演会・セミナー・交流会 | 23:44:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。