■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝炎 肝硬変・肝がんへの進行を防ぐ
第65回千里ライフサイエンス市民公開講座レジュメ 2日午前、中学校区子育ての会主催講演会「インターネットの被害からこどもを守る」を聴講。
 午後から千里ライフサイエンスセンターホールで開催された第65回千里ライフサイエンス市民公開講座「あなたの肝臓を守る 最新知識」を聴講しました。



講座では参加者に講師のお話の概要(相当詳しいもの)を資料として配付されましたから助かります。
 ■林紀夫先生のウイルス肝炎では、肝がん死がコンスタントに7000人台から減っていないことと、母子感染防止事業前に生まれた20歳代後半以上のキャリアの方への対策が重要だと強調されていました。C型肝炎の抗ウイルス治療ではインターフェロンを使わない治療がまもなく登場する様子を世界で行われている有望な治験とその成果(ウイルス排除率が80~100%)も紹介され、副作用も少なく高齢者も含めて光明ががみえてきている。それまでの間では昨年日本肝臓学会学会が作成したガイドラインに基づいて、線維化が進みALT値が30を超えた患者へは、現在の治療法で積極的な治療が望まれると説明されていました。
 ■河田先生は、非アルコール性脂肪肝炎・肥満・高血糖などと肝がんの予防について説明されました。脂肪肝での危険性を把握する指標として、血中フェリチン値と線維化マーカーをあげておられました。また、体重を5%減量する、糖尿病や高血圧、脂質異常症の積極的な治療、場合によっては瀉血なども試みられるとのことでした。
 ■永野先生は肝がんの外科的治療について話され、肝がんの早期発見では画像検査が重要で肝発がん高危険群には適切な間隔で行うことが必要。また、再発を繰り返すのが肝がんの特徴で包括的治療が必要と強調されていました。
 友の会のメンバーも何人か見ました。寒い時期での開催で著名な講師陣対し参加者がそれほど多くなくもったいなさを感じました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

講演会・セミナー・交流会 | 23:55:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。