■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成講座の先生方と
 大阪大学医学部保健学科学舎大阪大学学舎 6日、午後からはがん患者団体「大阪がん医療の向上をめざす会」で、大阪大学保健学科・がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン「地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成講座」の先生方や院生の皆様と意見交換。主任教授の松浦先生から昨年度から始まった2期目の講座の概要と1期目の「がんプロ養成」との違いの説明を受けました。
 私は、1)がん対策を担う行政職(役所の担当者)も養成して欲しい、



 2)肝癌罹患と治療の経験から、緩和ケアの分野でがん患者と家族が治療法選択に困ったときに寄り添う医療者を養成して欲しい、
 3)がんプロ養成の広報啓発活動では、わかりやすい宣伝資料の作成と関連医療機関の患者に目に付く工夫をして欲しい。とお願いしました。
 大阪大学の豊中太吹田市の丘陵に移転して、初めてその大きさに触れる機会でした。目的の建物にたどり着くのに苦労しました。びっくりしたのは養成コースの教授陣に公衆衛生学院の1期先輩が教授陣として参加されていたことです。細胞診検査士の養成に取り組んでおられます。(写真:左は保健学科の正面、右は情報科学研究科校舎)

■午前、、「ごん太」の9種ワクチン接種を受けました。その後体調はよく、サークル内で縄のおもちゃやタオルと格闘していました。食欲も旺盛です。3.2kg。やってきたときに比べて1.5倍に増えました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 22:45:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。