■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
奈良でも肝臓友の会が
ごん太 23日、朝から大和郡山市まで出かけました。
 午前中は、奈良肝臓友の会準備会の会合、10人の方が集まり、役員体制(会長・副会長・会計・事務局長・事務局員)、会費、目的、会員の対象などを話し合い、一通りの案ができあがりました。
 5/11に医療講演と発足集会が行われることも決められました。それまでに会則案を準備されることになりました。
 午後からは奈良社会保険病院消化器内科藤村和代先生の講演、弁護団によるB型肝炎特別措置法説明会が行われ、医療講演部分の司会を担当しました。



 藤村先生は、肝炎がウイルスを減少させるきっかけになること、治療ガイドラインについてわかりやすく説明され、時間を割いて、血液検査上でウイルスが検出されない(定量下限以下)になってもHBs抗体やHBc抗体が検出される場合は肝細胞内にウイルス遺伝子が残っており、他の病気で免疫を抑える薬や抗がん剤などを使うとB型肝炎ウイルスが出現し、激しい肝炎を起こすことがある。したがって、そのような治療を受ける場合には、その主治医にB型肝炎ウイルスマーカーの結果を伝えて対応していただくことが大切。また治療中には検査の間隔を詰めて、ウイルスの出現の傾向を把握する必要があることなど、ていねいに説明されました。
 また、大和郡山市民の肝炎ウイルス検診の受診率が全国平均より相当低く、向上させることが課題だとも話されていました。
 講演が終わってから、参加者からの質問にも丁寧に答え、帰るタクシーを待っている時間を利用して、質問を寄せられた参加者の中で気になった患者さんを呼び寄せて、個別相談にものっておられました。
 薬害肝炎訴訟・B型肝炎訴訟と2つの訴訟に関連した医療講演をたくさんお世話してきましたが女性のドクターが講師になってくださったのは初めてです。
 本当に奈良の肝臓専門医の先生方には、たくさんの施設から協力をいただき感謝しております。週が明けますと5月の肝臓友の会設立記念講演会の講師の候補を幾人か決めて、依頼作業をしなければなりません。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:59:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。