■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
造影CTで確認
クリニックのあるビル25階からの眺望
 9日午後から放射線専門クリニックを受診、予約時間通りに診察室に呼ばれエコー検査の結果をお話するとさっそく造影CT検査に回されました。
 造影剤に対するアレルギー止めの強力ネオミノファーゲン40mlをうってもらったら、顔や手足にぴりぴり感が出てきます。そしてCTの機械の中にいれられて急速に造影剤を自動注入器で腕の静脈から入れられると体中がカァッと熱くなってきます。同時にスピーカーから「息を吸って止めて」と指示されCT撮影、1分半後に同じ指示が出てもう一度撮影、そして終了です。



 CT室から待合に移り、10分もすると診察室に呼ばれて結果の説明です。
 結果は、悪性腫瘍らしいものは認められないと言うことでした。
 ドクターの説明では、CTよりも先にエコーで異常な画像が出ることもあり、今回のCT検査で異常がなかっても「要注意で、3か月後に腹部エコー検査を受けて、今回の異常な部分の質や大きさの変化を診てもらって下さい」と指示されました。
 ホッとしています。
 画像データをCDに焼いていただき、16日に肝臓内科受診時に昨日のエコー検査のレポート(コピー)と持参し、ドクターの意見を仰ぎます。
 クリニックの待合、テーブルの上に大阪肝臓友の会会報「友の会だより」最新号が置いてくれています。
遅い昼食遅い昼食

 夕方からは、ごん太のワクチン接種。甘噛みなどしつけについても相談しました。
 獣医さんの話ですと、成犬になると体重は今の倍になるだろうとのこと、しつけをしっかりと頑張って下さいとアドバイスをいただきました。
 写真はCT検査後の遅い昼食をとった和食レストランエレベータホールからの眺望です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:59:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。