■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝がん再発チェック
上本町駅
 8日9時、上本町の消化器クリニックで腹部超音波検査を受けました。検査の前の問診をしていただいた院長先生から「きっちり半年目に来られましたね」とほめて?いただきました。検査室に案内され、超音波検査士さんによる検査が始まりました。いつもと違って技師さんが悪戦苦闘されています。しまいには「大きなおなかですね」とつぶやかれました。
 仰向けから横向きになるように指示されたり、息を少しずつ吸ったり吐いたり、いっぱいすったり息を止めたりと指示が続きました。「きれいな画像を撮るのに苦労しました。院長から結果を聞いてください。」といわれて検査は終了。



 時間をかけて検査をしていただき、受ける方も疲れてしまいました。
 検査が終わり、しばらく待合で待っていると院長先生から呼ばれて、エコーのプリントされた画像を見せていただきながら、説明を受けました。
 S8に腫瘍らしい14mmの影があること、検査レポートのコピーを渡すから肝臓内科の病院主治医と今後のことについてよく相談するようにアドバイスをいただきました。16日に診察があることをお伝えし退出しました。
 心配になったのでバス停での待ち時間を利用して放射線クリニックの受診予約をいれました。明日、13:30の予約が取れました。造影CT等による確認検査について相談して見ようと思います。
サムハラ神社近くの桜
 そのあと肝臓内科のなる病院にいき、採血をして、先ほど肝臓友の会の事務所に到着しました。サムハラ神社近くのボタン桜が満開です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:19:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。