■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
質問に答えることに重点を
配付資料 14日午後、大阪肝臓友の会も後援団体とさいて名を連ねた医療公開講座が大阪市立大学医学部付属病院の講堂で行われました。肝疾患連携拠点病院として通院患者を対象にした「肝臓病教室」とは別に、昨年から開催されているものです。また患者の悩みに対応するために、質問コーナーの時間を1時間設け参加者の質問に答えておられました。
 今回のテーマは「肝硬変・肝癌の最新治療」、講師は肝胆膵病態内科学教授 河田則文先生。説明に使われたプレゼン資料はカラープリントして参加者に配られました。
 肝硬変の診断では、肝臓の硬さを簡単に測定できる「フィブロスキャン」(保険適用)と臨床試験中の「エラストグラフィー」の紹介がありました。



 肝硬変での症状で静脈瘤に関しては、門脈圧亢進がその発現のもとになるので、門脈圧亢進を改善することが必要と説明されていました。

 肝がんの診断と治療では、無症候性キャリアでも半年に1回の画像検査と血液検査が必要であること、画像検査での造影CT、造影エコー検査の有用性について、動画を示されて説明されました。
 また、分子標的治療薬「ネクサバール」による肝がんの肺転移例の治療について紹介され、効果が出る患者さんとそうで無い患者の予測が課題であることも紹介されました。
 講演が終わってから、参加者の質問について1時間にわたって丁寧に答えておられました。肝がん再発例については「肝がん幹細胞」の存在に注目し、治療法の選択を主治医とよく相談するようにとの説明に私のこととして注目しました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:20:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad