■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝発がんチェックの検査入院
国際交流センター ツツジ写真:大阪国際交流センターで
 今週1週間の予定
 4/22(月) 友の会事務所当番
 4/23(火) 市内総合病院に入院 夕方に造影エコー検査
 4/24(水) 同上病院退院予定
 4/25(木) 友の会だより149号袋詰め作業、発送。午後「肝炎・肝硬変・肝がん患者交流会(サロン)
 4/26(金) B型肝炎大阪訴訟口頭弁論、傍聴。淀屋橋で日肝協国会請願署名街頭宣伝、面談相談者1名対応
となっています。



 今回の検査入院は、肝がんの再発チェック確認検査です。
 8日に腹望超音波検査をしていただいてS8に14mmの影が見つかりました。(2009年12月に初めて発見された影と同じような状況だそうです。早期肝癌だろうとの診たてです。
 心配になったので翌9日、放射線科クリニックで造影CTを撮っていただきました。S8には影は映っていませんでした。でもクリニックの担当医は、早期ではうつらないこともアルので経過をきちんとチェックして下さいとのアドバイスでした。
 16日に大阪市内総合病院肝臓内科を受診、担当されたドクターも、早期だとCTに出ないこともあるので、造影エコー検査で確認をしましょうとのアドバイスでした。
 S8の肝がんは、2010年3月に塞栓治療(血管が縮れていてカテーテルが十分入らず、治療不完全)、4月にラジオ波治療。
 1度目の再発:2011年9月にS8に2か所。ラジオ波焼灼術(人工胸水使用)。
 そして今回の検査結果です。相当奥で超音波が届きにくく、もし治療するとしてもラジオ波治療は内科のドクターの診たてでは、行いにくいそうです。
 外科治療になるのかもしれません。検査入院の結果待ちです。チョット困っています。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 00:01:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。