■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
B型肝炎医療費助成 更新準備
 15日午前、B型肝炎医療費助成医療券更新の準備を始めました。大阪府から個別案内をいただき、診断書の用紙を肝がんの治療で受診している大阪市内の総合病院受付に提出しました。

 午後からは、シティープラザで行われたシティカレッジ「がん患者学・家族学― がんを抱えながら元気に生きる ―」(桃山学院大学提供講座:講師・和泉市立病院総長 福岡正博氏)の聴講しました。
 講演のテーマは、「どのような治療があるのか?(緩和ケアも含めて)」。
 がんの三大治療法(外科切除、放射線治療、化学療法)に加え、集学的治療と免疫療法、緩和ケアについて説明され、和泉市立病院で行われている緩和ケア病棟について説明されました。

 参加者からの質問では、
 ・がん検診にはどのようなものがあるのか
 ・ペット検査の有用性について
等が出されました。
 




 今後の予定は、
 5/22(水)治療方針決定ににどう参加するか インフォームド・コンセント
    桃山学院大学法学部准教授 永水裕子氏
 6/5(水)治療方針決定ににどう参加するか アドバンス・ディレクティブ
    講師:同上
 6/19(水)患者仲間:自助グループ
    桃山学院大学社会学部准教授 栄セツコ氏
 7/3(水)「患者を支える家族」を支える
    あずま在宅医療クリニック院長 東英子氏
 7/17(水)がん医療と在宅ケア
    桃山学院大学社会学部教授 川井太加子氏
 7/31(水)がんと共に、自分らしく生きる
     桃山学院大学社会学部教授 伊藤高章氏
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:11:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad