■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝炎・肝硬変・肝がん患者サロンを開催
患者サロン風景
 9月25日、浪速区民センターで大阪肝臓友の会主催の「肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン」を開催されました。
 23人出席。女性が14人、男性が9人でした。
 C型肝炎が15人、B型が8人です。
 23名中、肝がん発症は10人でした。




 皆さん活発な意見がでて有意義な一日でした。ある女性は4年前、慢性肝炎から突然7個の肝がんを指摘され、肝がんは肝硬変からできるものと理解していたのでびっくりされたそうです。ラジオ波の痛さ、塞栓を繰り返しながらも戦っていても、また再発を指摘され12月に治療する予定と厳しさを話されました。
 60歳代後半のC型肝硬変の方からは24個の静脈瘤を治療された経験を話されました。結紮術を受けられましたが、一つ治療しては胃カメラを引き抜かれ、また入れられることを繰り返されて、終了する頃にはへとへとになったことを、10個が治療がうまくいっていなくて後日に治療されて、その後に治療したか所を一つ一つレザーで焼かれた経験を紹介されました。
 原告団の男性会員からは、兵庫県議会の請願の活動模様を話されました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:40:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。