■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
C型肝炎治療薬 シメプレビル 薬価収載へ
夜明 松尾川ほとりから
11月13日開催された中央社会保険医療協議会 総会(第256回)でシメプレビルの薬価が決まりました。
▼薬品名:ソブリアードカプセル100mg
 ▼企業:ヤンセンファーマ
 ▼一般名:シメプレビルナトリウム
 ▼薬価:13,134.60円 


 ▼薬効分類:抗ウイルス剤(セログループ1(ジェノタイプI(1a)又はII(1b))のC型慢性肝炎における血中HCV RNA量が高値の未治療患者もしくはインターフェロンを含む治療法で無効又は再燃となった患者のウイルス血症
  【資料】中央社会保険医療協議会 総会(第256回)

 薬価収載は11月19日になるようです。

■医療費助成の対象の是非は
 第11回肝炎治療戦略会議が11/18(月)10-12時に厚労省で開催されます。
 シメプレビルが承認され、11/19日に薬価収載でこの薬を使った治療法も保険適用になります。ペグインターフェロン+リバビリン+シメプレビル3剤併用療法の医療費助成のぜひが議論される見込み。
 詳細は厚生労働省のサイトをご覧下さい

■具体的な治療法
 最初の3か月は、ペグインターフェロン+リバビリン+シメプレビル
 その後、3か月はペグインターフェロン+リバビリン
で、合計6か月の治療で終了です。

 この治療法に関する記事
  日経新聞(13/10/25付)「C型肝炎治療、新薬で期間半減 ウイルスを撃退 肝臓がんを予防」
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療・治療薬 | 07:45:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad