■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん登録からわかること
妙ヶ池
がん登録」に関わっておられる研究者から、胃がんでのがん登録事業から何が得られるのかを学びました。
▼「実測5年生存率」と「相対5年生存率」:5年実測年生存率とは、がんと診断されてから5年後の時点で存命されている患者さんの割合をいいます。この生存率の計算では算出では死因を問わないため、診断から5年後にどのくらいの方が存命され、どのくらいの方ががんで亡くなっているのかはわかりません。
 一方、5年相対生存率(同じ時代に生きる同性同年齢の一般の方が5年後に生存される確率との比。同じなら100%となる)を示すことで、かかったがんによりどのくらいの方が亡くなり、また存命されているのかがわかるようになっています。
 たとえば、胃がんの生存率は?
 相対生存率(青色の線)をみてみますと、胃がんと診断されてから5年後の時点で存命されている方の割合は、男性では53%、女性では50%です。



▼治癒割合
 生存率のグラフから、「治癒した」と考えられる方の割合を算出することができます。男性で52.8%、女性では49.1%です。
 なお、中央生存時間とは、「治癒されなかった」と考えられる方の半分の方が存命された時間を意味します。男性では10.4ヶ月、女性では10.9ヶ月です。ショッキングな数字です。
▼胃がんの診断から1年毎の生存率は?
 がん登録のデータから胃がんと診断されてから1年ごとの存命されている方における、その時点から「5年後に存命されている方」の割合が得られます。
 胃がん(男性)の場合、診断された時点での「5年後に存命されている方」の割合は54%ですが、診断されてから1年経った時点で存命されている方ではこの割合が77%、2年後では73%、3年後では84%・・・と、診断から年数が経つにつれ、5年相対生存率(折れ線)は向上しています。
 しかしながら、診断から年数が経つにつれ、その時点で存命されている方の人数は減少します。
 また、胃がんが発見された病態(限局・領域・遠隔)によっても計算されデータを得ることができます。
 胃がん(男性)が原発臓器に限局している場合、診断された時点での「5年後に存命されている方」の割合は93%と高いため、診断から年数が経てもこの生存率はわずかな増加に留まっています。
 一方、がんが所属リンパ節に転移または隣接臓器や組織に浸潤している場合や、遠隔臓器や組織に転移・拡がっている場合、診断された時点での「5年後に存命されている」割合は前者37%、後者4%と低いのですが、診断から年数が経つにつれ、両者とも生存率は向上しています。ただし、その時点で存命されている方の人数に注意する必要があります。

などを教えていただきました。
 早期発見されれば治癒する割合が多い胃がんを例に挙げての説明でした。
 再発する肝臓がんではどうなのか、またの機会にご教授願いたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:31:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。