■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
C型肝炎治療薬 シメプレビル3剤併用療法 医療費助成に
第11回肝炎治療戦略会議 11/18(月)午前に厚労省で開催された「第11回肝炎治療戦略会議」で、C型肝炎治療にシメプレビルを使った治療に医療費助成を適用することが決められました。

 厚労省のサイト「第11回肝炎治療戦略会議」に配付資料が掲載されました。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000029468.html

 ○プレゼン資料:C型慢性肝炎に対するシメプレビル+ペグインターフェロン+リバビリン3剤併用療法の有効性と安全性
 ○C型慢性肝炎に対するシメプレビルを含む3剤併用療法の有効性、安全性等について(案)(対応案:医療費助成は8頁に記載)
 

 医療費助成の条件は、


配付資料による事務局案は以下の通り。若干文言が修正される予定です。
3.対応方針(案)
○C型慢性肝炎に対するシメプレビルを含む3剤併用療法を医療費助成の対象とする。
○対象患者は、HCV-RNA陽性のC型慢性肝炎で、肝がんの合併のない者とする。
○テラプレビルを含む3剤併用療法の治療歴のある症例に対しても、
担当医により再治療を行うことが適切であると判断される場合は、シメプレビルを用いた再治療を改めて助成の対象とする。
○助成対象となる治療期間は24週を原則とするが、インターフェロン
療法[(ペグ)インターフェロン製剤単独またはリバビリンとの併用療法]の前治療無効例に限り、最大48週までの治療に対する助成期間
延長を可能とする。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:20:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad