■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
高齢肝炎・肝がん患者の最新・集学額的治療の講演でした
講演会案内チラシ
 24日午後、和歌山医科大学で行われた日本肝臓学会公開講座を聴講しました。
 世界で活躍されている著名なドクターの講演がありました。特に私は「肝臓がんでも長生きしましょう!あきらめない治療とは?」 医療法人弘恵会 ヨコクラ病院> 田中正俊先生の講演に注目し、和歌山の講演を聴きに行きました。
 肝がん患者として再発を繰り返すB型肝がん患者として、どのような治療を田中先生が行っているか知りたかったのです。
 期待通りの講演でした。



和歌山医科大学での公開講座 質疑応答部分
■ C型肝炎患者さんですが、70歳男性 2006年にS4部位に2.4cm、S8部位に1.5cmの肝がんが見つかり、2013年10月までに10回の治療を行い、存命されている患者さんを例に説明されました。この間、肺や脾臓にも転移しその治療も行われています。
 ラジオ波、塞栓療法、動注化学療法、分子標的治療(ネクサバール)、放射線治療(定位放射線と粒子線治療)、外科切除(脾臓と門脈腫瘍栓への対応)
 先生は、放射線科医、外科医や画像診断医、他施設専門医と連携し、根気よく情熱的に肝がんと向き合って、患者さんに生きる希望を与えるよう日々研鑽されている姿が伝わってきました。
 会場からの質問にも、再発を繰り返す肝がんの性質を見極め、場合によっては、肝移植による治療も検討されてはとコメントされていました。
 
■ 肝がん再発を繰り返す患者としては、一度相談に行ってみようかなと思いました。
 
■ 九州は、よい肝贈医がたくさんおられますね。
 田中先生は講演の冒頭、日本にB・C型肝炎・肝がん患者が多い原因を過去の医療行為をあげられていました。
 また、福岡や佐賀に肝炎患者が多いことと炭鉱の町の関係もさらっとふれられていました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

講演会・セミナー・交流会 | 23:45:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad