■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
自治体における肝炎対策をチェックしよう
はな 昨年、日本肝臓学会「C型肝炎治療ガイドライン(第2版)」、「B型肝炎治療ガイドラインVer1.2」が発表され、「C型肝炎のインターフェロンフリー療法(平成25年度 肝炎・免疫研究センター 肝炎情報センター主催相談員向け研修会山梨大学医学部附属病院特任准教授 坂本穣氏)は今年後半にも一部承認」との報道(医事新報平成25年12月14日号)もあります。
 しかし、肝炎ウイルス検査陽性者が適切にフォローされなければ治療に結びつかない。ヤンセンファーマ「肝炎ウイルス約15,000人の全国意識調査結果」(プレゼン資料)では、「ウイルス検査率の低さ、早期治療による完治率に対する認知の向上や、治療費助成についての認知率の低さなどが浮き彫りに」と肝炎ウイルス検診が進んでいない実態も明らかにされています。。

 本年3月に開催された全国健康関係主管課長会議資料健康局資料p95で、市町村における肝炎ウイルス検診「陽性者のフォローアップの推進(新規)」が打ち出されており、「陽性者(健康増進事業)へ初回精密検査の受診勧奨」「経過観察者、抗ウイルス治療非適応者への定期検査の受診勧奨(把握できた管内の対象者全員)」とあります。




 厚労省は、3月31日の特定感染症検査等事業実施要綱の一部改正健康増進事業に基づく肝炎ウイルス検査等実施要領の一部改正によって、肝炎ウイルス検査陽性者の医療機関への受診勧奨と低所得者に対する年1回の定期検査費用助成がなされる。
 また、3月31日の肝炎患者等支援対策事業実施要綱改正で、肝疾患相談センターに保健師・栄養士配置が図られる(保健衛生ニュース4月28日号)。
 肝炎ウイルス感染者に、その事実を伝え、適切な医療受療への導きがなされているか都道府県・市町村の対応を患者会などでチェックする必要があります。

【参考資料】厚労省肝炎対策推進室のサイトから
○「平成24年度肝炎医療費助成対象者数調
○「平成24年度 特定感染症検査等事業
○「平成24年度 健康増進事業
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 05:55:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad