■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
第12回厚労省・肝炎対策推進協議会開催
第12回肝炎対策推進協議会
 今年6月、日肝協・阿部常任幹事から肝炎対策推進協議会委員を引き継ぎました。
 厚労省ののこのような委員になるのは「全国C型肝炎診療懇談会」(2006年6月)以来です。
 このときの会議では、「都道府県における肝炎検査後肝疾患診療体制に関するガイドライン」がとりまとめられました。このときに私は、「都道府県肝疾患連携拠点病院」をサポートする役割を国の医療機関に担わせる仕組みを作ることを強く要望し、現在の「国際医療研究センター・肝炎免疫研究センター・肝炎情報センター」(千葉県市川市)を設ける礎を作ることができました。(全国C型肝炎診療懇談会第3回会議議事録
 肝炎対策推進協議会は、薬害肝炎訴訟・B型肝炎訴訟と日肝協の肝臓病患者運動で設置され、医療者・研究者・医師会・産業界・労働界とで構成される協議会です。


 この協議会は、気づかない肝炎ウイルス感染者の掘り起こしと、肝硬変・肝がんの医療費助成制度への拡充と、障害者認定基準の見直し、全国各地の肝臓病医療体制の改善を検討することが目標です。
 7月9日航空会館(東京)で開催された第12回肝炎対策協議会から出席しました。今回の協議会から新しい委員の任期に入ったために、会長と代理が選ばれ、会長には林紀夫氏(関西ろうさい病院院長)代理には、溝上雅史氏(国立国際医療研究センター肝炎・免疫研究センター長)の就任が了承されました。
 議事では、自治体での取り組みの項で、肝炎コーディネーター養成事業が30県しか実施されていない。詳細な資料の提出を求めました。肝炎対策基本指針の見直し作業では、「地域医療・介護総合確保推進法」も視野に入れた検討を要望。
 フォローアップ事業の全国展開の技法の研究報告について、報告では技法を26年度目標として「全国展開」をうたっているが、実施できる可能性について肝炎対策推進室と研究報告をされた相澤参考人に確認を求めました。
 11回会議で、肝硬変・肝がん患者への医療費助成など支援策を議論する場を次回以降にも設けることを事務方も会長も明言されていたことを議事録から紹介し、今回の会議で議題に取り上げられなかったが次回以降に取り上げることを求めました。
 平成27年度予算編成に向けて、協議会として厚生労働大臣宛に意見書を提出することを求めました。(24・25年は意見書を提出している)
 2016年までに「肝炎対策基本指針」の見直しが行われます。これから2年間、7人の患者委員が他の13人の委員と共同してよりよい指針作りに頑張らねばなりません。
【資料】第12回肝炎対策推進協議会配付資料
        同協議会 議事録
     厚生労働大臣に対する協議会からの意見書
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 06:30:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad