■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大阪府:C型肝炎医療費助成制度を改定、経口2剤治療を助成の対象に!
ごん太 大阪府は、厚労省の肝炎対策の通知を受けて、C型肝炎治療費助成制度を改定しました。

  大阪府の医療費助成制度のサイト

 平成26年9月2日より、C型肝炎の「インターフェロンフリー治療(ダクラタスビル及びアスナプレビル併用療法)」が肝炎治療医療費助成制度の対象になりました。
  なお、インターフェロンフリー治療(ダクラタスビル及びアスナプレビル併用療法)に対する助成の申請にあたっては、日本肝臓学会肝臓専門医が『インターフェロンフリー治療(ダクラタスビル及びアスナプレビル併用療法)用診断書』を作成することとなっています。

 肝臓専門医については、一般社団法人日本肝臓学会ホームページ
   『日本肝臓学会肝臓専門医一覧』<近畿>で検索し、確認できます。

★助成の対象
○HCV-RNA陽性のC型慢性肝炎又はChildーPugh分類AのC型代償性肝硬変で、肝がんの合併のない者とする。    
○ ダクラクスビル及びアスナプレビル併用療法に対する助成の申請にあたっては、原則として日本肝臓学会肝臓専門医が「肝炎治療受給者証の交付申請に係る診断書」を作成する。
 ただし、自治体の実情に応じて、各都道府県が適当と定める医師が作成してもよいこととする。
○ 助成対象となる治療期間は24週とし、副作用による休薬等、本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合でも、助成期間の延長は行わない。
○ ダクラクスビル及びアスナプレビル併用療法の適応が、インターフェロンを含む治療法に不適格/不耐容/無効である患者であることから、ダクラタスビル及びアスナプレビル併用療法を受けた者については、以後のインターフェロンを含む治療については、助成の対象としない。



厚労省肝炎対策のロゴ<資料>
★ 武蔵野赤十字病院の泉先生がインターフェロンを使わない経口2剤の治療について警鐘を発しておられます
 ミクスオンライン(14/10/03) 「武蔵野赤十字病院の泉副院長 C肝治療でIFNフリーは慎重な選択を 耐性ウイルスリスクを指摘」
    https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/50599/Default.aspx

★ C型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変 に対する経口2剤治療薬が肝炎医療費助成対象にする告知が厚労省のサイトに掲載されました。から有りました。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000058623.html

(参考)インターフェロンフリー治療(ダクラタスビル及びアスナプレビル併用療法)の医療費助成制度における取扱いについて(PDF:55KB)

■肝炎対策通知文書

 ○感染症対策特別促進事業について 平成26年9月19日付け(PDF:255KB)
   
 ○肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて 平成26年9月19日付け(PDF:6,061KB)
   
 ○社会保険診療報酬支払基金及び国民健康保険団体連合会への委託について 平成26年9月19日付け(PDF:306KB)
   
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 21:06:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。