■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
6/30 自民・公明 肝炎対策推進議員連盟設立
杉良太郎氏のあいさつ田村議員のあいさつ尾辻議員のあいさつ
 6月30日に議員会館で2つのがんに関する議連の会議がおこなわれました。
 日肝協常任幹事からの報告を元に紹介します。

 一つは、肝炎対策推進議員連盟設立総会が17:30から参議院議員会館で開催されました。
 私たちが肝硬変肝がん患者への社会的支援を求めて、議員の方々に議員連盟をつくって支援してほしいと長年求めていたものがようやく与党の議員連盟ですが実現しました。

 議員が50人、秘書が10人、患者支援者が30人参加しました。
 司会進行は司会・進行は発起人の福岡資麿氏が担当されました。
 会長に、尾辻秀久氏が選出され、規約が了承されました。
 議員連盟の目的
 恒久対策(治療体制の整備)の問題、平成29年1月に請求期限を迎える特定B型肝炎救済法の延長問題などが課題に取り上げられています。


(案内文には)
 わが国のB型又はC型肝炎ウイルスに起因する肝炎患者や肝炎ウイルスの感染者は、合わせて300万人程度と推定されており、国内最大級の感染症とも言われています。こうした中で、平成21年に肝炎対策基本法が成立し、肝炎治療促進のための環境整備や、肝炎ウイルス検査の促進など総合的な肝炎対策を進めてきたところです。
 しかしながら、陽性でも受診されていない方の問題や、肝炎から進行した肝硬変、肝がん患者に対する支援も問題など、多くの課題があります。
 また、平成23年12月に成立した「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」については、平成29年1月に請求期限を迎えることとなっており、その延長等について検討が必要となっております。
 こうした状況を踏まえ、このたび「肝炎対策推進議員連盟(仮称)」を設立し下記の通り、設立総会を開催する運びとなりました(以下略)

◆ もう一つは、超党派議連「国会がん患者と家族の会」の総会もおこなわれました。
 全国がん患者団体連合会・天野慎介氏の報告に寄れば、各党から
たくさんの議員が参加されたようです。
 門田守人先生(がん対策推進協議会会長)と堀田知光先生(国立がん研
究センター理事長)からヒアリングをされた模様です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

議会対策 | 23:12:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad