■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
フィブリノゲン承認時から国企業に責任が
名古屋地裁勝訴判決 旗だし中日新聞31日夕刊 トップ記事に 31日14時から、薬害肝炎名古屋訴訟について、判決言い渡しがありました。
 判決は、フィブリノゲンについては、承認時から、クリスマシンも同時期から国や企業の責任を認める画期的な判決でした。

 福岡の古賀弁護士さんは次のように報告されています。
  -------------------------
 初めて時線引きなしの全面勝訴判決です。
クリスマシンについても初めて国の責任を認めました。
 1976年12月のクリスマシンの製造承認時から、フィブリノゲンは名称変更した1976年4月から、国企業の責任を認めました。
責任は指示警告を怠った義務違反です。

---------------------------
   古賀弁護士さんのブログ

 仙台地裁判決(9/7)も勝訴し、350万人肝炎患者・感染者の療養生活支援に国が取り組む突破口になることを願っています。


■東京行動 

 製剤、時期を分けず全員救済に道を開く画期的な名古屋判決(1970年代の2つの製剤の責任を認めた、第九因子製剤の国の責任を認めた、3つの判決を超えて全員救済に道を作った)を受け、本日(7/31)から国会のキーパースンなどへの働きかけを始めています。
 1日、2日も議員要請(原告団・弁護士団・支援者で)などをし、名古屋判決の意義の説明をします。
 その上で、下記の通り抗議行動と報告集会を行います。
 ○抗議行動
  8月2日(木)午後5時より、厚労省前で抗議行動、
 ○報告集会
  8月2日(木)午後6時30分より弁護士会館5階

 厚労省前の行動は、大臣原告と会え、というトーンになると思います。
 どうか、多くの皆様が、この行動にご参加されるよう、お願いいたします。
 薬害肝炎の解決も目の前です。

■原告団・弁護団声明
                2007年7月31日
  薬害肝炎名古屋地裁判決を受けての声明
                   薬害肝炎全国原告団
                    代表 山口美智子
                   薬害肝炎全国弁護団
                    代表 鈴木 利廣

 本判決は、投与製剤の種類・時期を問わず、国と企業の法的加害責任を認め、全員救済への道を開いた画期的判決である。
 すなわち、本判決は、第IX因子製剤について初めて国の責任を断罪し、加えて両製剤について、責任時期を70年代に遡って認めたのである。
 厚生労働大臣は、大阪・福岡両判決の後、原告らとの面会を拒否し続け、東京判決の後に原告らが命をかけて実施した座り込みをも無視し、何ら薬害肝炎問題の解決を図ろうとしなかった。
 本判決により、本件各血液製剤によるC型肝炎感染被害が薬害であるとする司法判断は、全く揺るぎないものとなった以上、国と企業は、直ちにすべての被害者に謝罪し、薬害肝炎問題の全面解決に向けた協議を開始すべきである。
 これまで本訴訟を支援していただいた国民の皆様にも、本件の全面解決及び全ウイルス性肝炎患者の被害回復に、これまで以上のご支援をお願いする次第である。
              以 上

■報道
 ・国と3社に賠償命令 薬害肝炎訴訟、名地裁判決
   中日新聞 2007年8月1日 朝刊
 ・救済範囲の時期広げる=第9因子製剤でも国に責任-薬害C型肝炎訴訟・名古屋地裁   時事通信 07/07/31 21:28
 ・<薬害C型肝炎>製剤承認時から国と企業に責任 名古屋地裁
   毎日新聞 07/07/31
 ・薬害肝炎訴訟判決要旨 名古屋地裁
   中国新聞 07/07/31 20:30

  
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎訴訟 | 23:55:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad