■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
倉吉(鳥取)でも金田さんのVサインが
07/08/07付日本海新聞 7日、両親のお墓参りに倉吉に日帰りで行ってきました。両親ともに倉吉生まれなので、お盆前のお寺さんへのご挨拶をかねて帰省です。

 お昼に入ったうどん屋さんの新聞を見ると日本海新聞(07/08/07付)の人欄に金田さんのVサインが飛び出してきました。田舎にまで、肝炎患者に勇気を与えてくれる原告の皆さん、暑い中ご苦労様です。

 原告・弁護団は、8日は民主党肝炎対策プロジェクトチームと懇談、9日は公明党プロジェクトチームと懇談だそうです。
  (薬害肝炎弁護団リレーブログから
 秋の臨時国会で、薬害肝炎訴訟の早期解決と350万肝炎患者の支援に動き出すことを願っています。

 以下に倉吉の田舎の一コマを。




小鴨川鉢屋川 ほたるがいるそうです旧小川酒造 工場鉢屋川 大きな鯉が泳いでいます八つ橋往来銭湯公衆便所打吹公園のトイレ入り口 私も兄も小中学校の夏休みは、祖母や叔母がいたので、毎年のように2週間ばかり倉吉で過ごしました。
 倉吉の方のブログから
  ・打吹公園    
  ・八つ橋往来

 <金田和子さんに関する記事>
涙浮かべ、Vサイン=「国は全面救済を」と原告ら-薬害C型肝炎
 時事通信配信 07/07/31
 「原告のみなさん、頑張って良かったね」。薬害C型肝炎訴訟で過去3件の判決が認めた患者の救済範囲を大幅に上回る判決が言い渡され、原告の1人で愛知県豊橋市の主婦金田和子さん(54)は31日、報告集会で目に涙を浮かべながら支援者にVサイン。「びっくりした」と喜びをあらわにした。
 金田さんら原告は午後2時前に入廷。廷内では、時折傍聴席の夫正司さん(57)の方を見ながら緊張した面持ちだったが、言い渡しが終わると、弁護団やほかの原告らと手を取り合い、喜びを分かち合った。
 同地裁の脇では「勝訴」の旗が掲げられ、詰め掛けた支援者から拍手と歓声が沸き起こった。
 弁護団も「非常に画期的な判決。興奮している」とコメント。金田さんら原告は、投与時期や製剤の種類で線引きがなかったことを評価。「国は謝罪し、全面救済を早く実現してほしい」と話した。
 一方、ただ1人、別ルートでの感染を指摘され、請求が認められなかった女性は、勝訴を喜びながらも「悲しい」と金田さんの肩にすがっていたという。
 金田和子(かなだ・かずこ)、正司(まさし)





スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

雑記 | 23:04:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。