■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
情報公開から がん対策
ポコの散歩道で 2005年大阪で開催された「がん患者大集会」、その後2006年「医と笑いのコラボレーション」(なんばグランド花月での漫才とよしもと新喜劇鑑賞)、そして「大阪がん医療の向上をめざす会」結成へと発展してきました。
 がん患者・家族(遺族)として、何ができるのか、がん診療連携拠点病院の見学、大阪府がん対策推進協議会への参加など、大阪のがん関連患者会は積極的に「がん医療の向上」のために関わっています。
 この活動が、日経BP系の「がんナビ」で紹介されました。

「がんナビ」日本列島がん対策・現地レポート(2) 〔大阪府〕
「患者の声」と「成績開示」をテコに、「大阪流がん対策」模索



 情報開示に関してはもう一つ。
 「ラクトフェリン」とC型肝炎との関係です。
 以前からラクトフェリンのC型肝炎に対する効果が患者の間で話題になっていました。
 気になっていましたので専門医のサイトで質問していましたところ、慶応大学の加藤真三先生が、サイト「Melit」で、日本癌学会誌に掲載された論文を和訳して下さいました。
 併せて、「健康食品」の新聞などでの扱われ方や研究者から積極的な情報提供がなされないことなど、課題なども指摘されておられます。

■C型慢性肝炎に対するラクトフェリンの効果と その情報の伝達 1
 http://melit.jp/voices/katos/2007/08/07/c_2.html
  効果期待について新聞記事
■C型慢性肝炎に対するラクトフェリンの効果と その情報の伝達 2
 http://melit.jp/voices/katos/2007/08/07/c_1.html
 ラクトフェリン販売のサイト(記事の利用)
 日本癌学会誌での大規模治験結果の報告とその後
  2006年10月号の「Cancer Science」
■C型慢性肝炎に対するラクトフェリンの効果と その情報の伝達 3
  http://melit.jp/voices/katos/2007/08/07/c_3.html
   「Cancer Science」の抄録和訳
 ラクトフェリンの経口投与はウイルスの量を減らすこともないし、ALTを改善することもないというのだ。
 国民への周知の努力は、開発者も研究者も行わなかった。

※日本癌学会
  http://www.jca.gr.jp/a01.html
 Melit 患者のための医療情報リテラシー
  http://melit.jp/
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:32:59 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
実は、私もラクトフェリンを服用しています。あくまでも「健康食品」ですからね。治療効果があれば医薬品になるはずですよね。私は、単に腸の調子がよくなっている気がして、そしてちょっぴり免疫力の増強にもつながればというような期待ももちながら、服用しています。
2007-08-09 木 13:23:58 | URL | 悠紀 朋 [編集]
v-7  ますます お元気でご活躍、頭のさがる思いです・・、なお一層のご活躍を祈念してやみません・・。
 まだ、これからが 暑さのピーク、 何とぞ ご自愛のほど・・。
2007-08-09 木 19:42:36 | URL | プリアーニ@大阪 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad