■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん患者・家族の願いを施策に
ポコの散歩道 出穂 ポコがてんかんの発作を起こす。今月は初めて。ビーグルは、立派な毛皮を夏でも羽織っているのでとても暑そうです。日の出前の散歩や夜遅くの散歩を楽しませているのですが、私たち夫婦の方が暑さでばてています。稲穂も出そろい花を咲かせています。

 友の会の事務所は盆休みなのですが、電話相談がいくつかあります。
 高齢者の肝がん患者のご相談は、アルツハイマーや鬱を合併された患者さんの肝がん治療をどうするのか、ご家族の方からのご相談が立て続けにありました。

 大阪府では、がん対策基本法に基づいて「がん対策推進計画」策定作業を行っています。府がん対策推進協議会も設置され、協議会委員2名、部会(医療)に2名、がん関連患者会からも加わっています。
 この協議会のに対して、以下の意見書を提出しました。
 次回医療部会は、9月3日です。それぞれの委員から出された意見書について、事務局がそれまでにまとめ、協議される予定です。



■大阪府がん対策推進に関する意見

1.がん診療連携拠点病院の現状について把握し公開すること
 大阪のがん医療対策等の計画について検討する場合、「がん診療連携拠点病院の現状の機能」に関する情報は広く府民に公開されるべきです。

2.診療連携について がん診療連携拠点病院ですべてのがん患者に対して最良の治療を行うことは、医療従事者や設備などの関係から難しいと思われます。それぞれの連携拠点病院の診療圏域における医療機関のがん診療機能について情報収集を行い、がん患者への適切で最良の治療が受けられる施設情報を提供できるようにすべきです。
 「肝がん」に関しては、その大多数がウイルス性肝炎患者から発生しています。国によって、「都道府県における肝炎検査後肝疾患診療体制に関するガイドライン-全国C型肝炎診療懇談会報告書」(平成19年1月26日)によって、慢性肝炎から肝がん患者早期発見までの診療体制を構築するようにすでに指示がなされています。また、大阪府によって「肝炎専門医療機関」「肝炎協力医療機関」が指定され、「肝炎フォローアップ事業」(フォローアップ事業の流れ)が行われています。これらのことが確実に推進されるように、府としても具体化し、連携拠点病院にも徹底することが必要です。

3.医師優先確保について
 連携拠点病院でも、内科・産婦人科等の医師不足が顕著です。府と府内5医系大学、医師会が協力し、早急に医師確保すべきです。
 なお、大阪府南部地域(南河内、泉州)では、消化器内科医師の不足が顕著です。在宅ケアを推進するためにも、一次医療圏毎に現状を把握し、消化器内科医の確保に取り組むべきです。

4.地域連携について
 がん診療連携拠点病院においては、その担当圏域の保健所、医師会、医療機関、介護関連機関、自治体の福祉保健関係者などと協力し、府が策定するがん対策推進計画が担当する地域で具体化推進されるように、「地域連絡会議」(仮称)を設置すべきです。そこには可能な限りがん患者(家族・遺族)、がん患者の療養をサポートするボランティア団体なども参画できるようにすべきです。

5.患者相談支援について
 「がん」と診断されたときに、「なんでも相談カード」(仮称)を患者か家族に渡し、「患者相談支援センター」で、相談できることを明示することが大事です。
 相談支援スタッフを常駐させ、療養に参考になる図書、インターネットが閲覧できるパソコン、企業や関連団体が発行する資料などを置くなど情報提供を積極的に行うこと。なお、これらのディスプレー方法については規模に応じたひな形を国のがん情報センターなどで作成しするなど、配慮されるべきです。
 患者相談支援スタッフに、「がん関連患者会」も活用すべきです。また、府がん診療連携拠点病院(府立成人病センター)には、「がん関連患者会」が詰める場所を設け、ピア相談支援とその研修が受けられるようにして下さい。

6.がん対策予算の確保
 以上のことを行えるよう十分な予算確保が行われるべきです。また、患者ががん医療を気兼ねなく受けられるような医療費患者負担について経済的負担が重くならないように配慮されるべきです。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:11:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。