■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「グラケー」 肝発がん抑制 残念な結果
ポコの散歩道 リンドウ 慶応大学看護医療学部の加藤真三先生が、「グラケー」に関する情報を提供してくださいました。
 日経新聞(07/02/21付)に「がん再発抑制剤 治験第Ⅱ相を中止 エーザイ効果得られず」と報じられていたというものです。
 概略以下の通りです。
 エーザイのビタミンK製剤(グラケー、骨粗鬆に対する薬剤)が、肝臓がんの発がん抑制効果があるのではないかと注目されていました。
 エーザイが多施設にわたる治験を開始、治験第Ⅱ相の段階で、治験結果を評価する独立機関の効果安全性委員会から「これ以上治験を進めても有効性のデータを得られない」との報告をうけて、第Ⅱ相を中止することを決定しました。



 詳細は、加藤真三先生が主宰されているホームページ「Melit」「医療者の声 加藤真三のブログ」をご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 23:07:18 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
 患者さんは、わらをもつかむ思いで・・研究者も広く可能性を求める・・、結果が期待をはずれても次へチャレンジする意欲が大切。
 この「ゲラケー情報」を読んで、研究者にとって、実験の中止は はじめる時の期待以上に、何倍もの勇気がいるが、正しい判断をするために一番大切だなーと感じます。
2007-08-19 日 11:38:32 | URL | プリアーニ@大阪 [編集]
肝発がん抑制薬の開発は
 プリアーニさん、いつもお世話になります。
 お元気に鍛錬されて、酷暑を乗り切っておられることと思います。
 ウイルス排除に成功された方でも、肝発がんが起こるわけですから、グラケーに期待もされておられ、ひょっとしたら服用されておられるのではないでしょうか。期待はずれの情報で申し訳ありません。

 肝がん発がん抑制薬、期待されているものはいくつかあるのですが、否定されていくと肝炎患者は、不安が増長されます。何とかこれはというものを確立してほしいものです。
2007-08-20 月 07:07:30 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。